わにかめ78回答ポイント 100ptウォッチ 2

高校生物と高校化学を復習中のものです。

エントロピー増大の法則についておさらいしました。
熱力学第二法則とも呼ばれ、第一法則と並び私も真理は実感します。
エネルギー状態が高いほうから低い方へと必然的に移行する、
濃度の濃いほうから低い方へ拡散する(乱雑さが増大する)、など等。
ところが生物を復習していると、例えば、カルシウムポンプと呼ばれる機能が細胞膜にはあるそうで、ナトリウムイオン、カルシウムイオンなどのイオン調節しているそうですが、これらは正にエントロピー増大の法則に反していると感じざるをえません。
熱力学第二法則は無条件にどこでも成り立つものなのか?あるいは成り立つにあたり前提条件は何なのか?
どなたか詳しい方判り易く説明していただけませんか?

※ 有料アンケート・ポイント付き質問機能は2023年2月28日に終了しました。
ログインして回答する

ベストアンサー

その他の回答

この質問へのコメント

この質問への反応(ブックマークコメント)

質問の情報

登録日時
2009-07-18 19:23:38
終了日時
2009-07-20 14:37:29
回答条件
1人3回まで

この質問のカテゴリ

この質問に含まれるキーワード

エントロピー27熱力学14ナトリウム55イオン206カルシウム59化学324拡散79エネルギー319

人気の質問

メニュー

PC版