hiha11回答ポイント 90ptウォッチ

環境に関する質問です。

昔の日本は茅葺屋根の家に棲み、囲炉裏を囲んで暮らしてきました。
茅葺屋根は、直射日光からの気温の変化や、室内の湿気をうまくコントロールし、古くなった茅葺は肥料として使われてきました。
また、囲炉裏の煙でいぶされることにより、食料は保存されやすい状態になり、室内は抗菌されていたということが、最近の研究などで分かってきています。

現在このような効果を利用した、屋外緑化や、燻煙熱処理木材などが主に同じ分野の建材に利用されてきていますが、建材など住まいから離れた分野・違う分野に生かされ、実用化されているという情報を探しています。
あくまで実用レベルのものを探しています。

ご存知ないでしょうか?

よろしくお願いします。

※ 有料アンケート・ポイント付き質問機能は2023年2月28日に終了しました。
ログインして回答する

ベストアンサー

その他の回答

この質問へのコメント

コメントはありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

質問の情報

登録日時
2010-01-19 23:47:28
終了日時
2010-01-26 23:50:02
回答条件
回答にURL必須 1人2回まで

この質問のカテゴリ

この質問に含まれるキーワード

抗菌26肥料48日光116実用363

人気の質問

メニュー

PC版