marve_lasde08回答ポイント 50ptウォッチ 1

食品の品質に関する質問です。

スーパーに行くと、豆腐や納豆などのパッケージに
「この製品は遺伝子組み換え大豆を使用していません」という表示がありますよね?

私の主観では、遺伝子組み換えで減農薬が可能になった大豆よりもむしろ殺虫剤と除草剤にまみれた環境で育てられた普通の大豆の方がよっぽど危険な気がするんですが…

「遺伝子組み換え?バイオ?なんか響きがキケンだからやだー」という根拠のない偏見ではない、遺伝子組み換え大豆の具体的なデメリットがあったらおしえてください

※ 有料アンケート・ポイント付き質問機能は2023年2月28日に終了しました。
ログインして回答する

詳しいですね!

常温(旧垢)2010-02-28 23:04:30

アメリカではそんなことがあるのですね。

日本ではそんなことがないので、安く野菜を食べれるのでしょうか。

安全性はあり、社会性に欠けているのですね。遺伝子組み換えでない、野菜類をオススメしている理由が理解できました。

これから、遺伝子組み換えのものを買わないように心掛けたと思います。

追記

magurodesu2010-02-28 15:41:28

あとこれといったものはないかと。

うーん・・・・

magurodesu2010-02-28 15:40:15

人によるのかも。

どうするかは結局あなたしだい!

確かに…

taco_tsune2010-02-28 01:09:28

データ不足でなんとも言えませんよね。

遺伝子組み換えとプチ整形が重なって見えるのは私だけでしょうか?

数十年後にどんな結果が出るのか…とりあえず興味津々です。

いやちょっと待て

jin_jin742010-02-27 23:31:26

農家出身だが、経験でも資料でも

「大豆が室内で作られている」

「(どんな作物にしても)室内の殺菌空間での栽培が商業化されている」

なんて聞いたこと無いぞ?www

ビニールハウスは水・温度をコントロールしてるだけでクリーンルームになってるわけではありません。

殺菌空間、というか室内の隔離空間での野菜栽培は商業化へ向けていくつかの企業が未だ研究中のはず。

完成したところで付加価値の高い野菜に使われるのが普通でしょう。大豆になんか使われないでしょうね。

上記の方に追記です

Grossauge2010-02-27 17:07:44

遺伝子組み換えの作物は、ある農薬に対する耐性があるように作られています。その農薬を農場に大量に散布した場合、他の品種や雑草は死にますが、遺伝子組み換えの品種は残ります。そういう仕組みで、農薬の力でより楽に多くの収穫を挙げることができます。なので、遺伝子組み換えの品種も同じように農薬に汚染されていると考えた方がよいと思います。

アメリカではトウモロコシの遺伝子組み換えが大量に行われています。遺伝子組み換えのトウモロコシの種をある会社が特許で独占しており、種をその会社からしか買えません。その会社は、農場にスパイを送り込み、収穫された遺伝子組み換えトウモロコシから種を得て再び植えるということが行われないようにチェックしています。つまり、毎年その会社から新しく種を買わないといけないわけです。もし種を買わないで育てていることが発見されると、農場主は訴えられ、莫大な賠償金を請求されます。また、遺伝子組み換えの品種は、花粉などで、遺伝子組み換えでない品種を汚染します。農場主が知らないうちに、自分の作物が遺伝子組み換えになってしまうことがあります。そして、知らないで種を再利用して次の年に植えたりします。こういう場合にも、その会社は「無断/無償で自分の会社の種を使用した」として訴訟を起こします。遺伝子組み換え以外のトウモロコシを育てている農場主には、このようないやがらせ訴訟で破産することがあります。

まとめると、種を管理している会社は、遺伝子組み換えの作物が自然広まって周囲を汚染すること、また、農薬によって他の品種が死ぬという事実を利用し、アメリカのトウモロコシ農家を管理し収益をむさぼっているわけです。この件はFood, Inc.という映画に詳しいです。

http://www.foodincmovie.com/

私は遺伝子組み換えの作物自身の安全性はそれほど気にしていませんが、このような環境的、社会的な問題について関心があり、遺伝子組み換えの作物を買わないようにしています。

まとめ<追記>

たかし2010-02-27 12:35:54

自分が何を信じるかによりますね

書くの忘れてごめんなさい

以上です。

遺伝子組み換え

たかし2010-02-27 12:34:07

特に害は無いはずですよ

遺伝子組み換えではないというのを長所として売っている商品もありますし・・・・・・。

なにはともあれ遺伝子組み換えでなく、無農薬などの商品は安全かと。

しかし、偽造があったら消費者はたまったもんじゃないです。

遺伝子組み換えは、改良していますので、いい方向にむかっている商品でしたら、良いかと。 

長々と申し訳ございません。

たしかに

nobu1232010-02-25 19:47:48

なら気にしなくても食べれますね!

ちょっと誤解があるように思われますので一部反論を。

きょくせん2010-02-24 23:50:09

 遺伝子組み換え作物は、除草剤抵抗遺伝子や枯草菌芽胞遺伝子、過熟抑制遺伝子というものを作物の遺伝子に導入しているものです。で、その行為により未知の有害物質が出て来るのではないか?というのが遺伝子組み換え作物嫌忌の一番大きな理由だったように思います。他にも自爆遺伝子とかもありましたね。種子が発芽しないとか。あとは野生種に対する形質伝播が起きるとかも問題になってますね。近年では遺伝子組み換え菜の花の自生が見られるという報道もありました。

 ですが、まぁ、組み換え作物の遺伝子が人間の遺伝子に影響を及ぼす事はまずないでしょうねぇ。DNAなんかは消化の過程で分解されますし、今のところDNAそのものという病原体も見つかってませんし。(ウイルスなんかはDNAやRNAを宿主細胞に導入させる為にえっらい苦労をしている訳ですし、DNAそのものがフラフラ核内導入されたらそれこそえらいこっちゃです)

 遺伝子組み換え技術自体は実は医薬分野では大活躍してたりはするんですよね。例えばヒトインスリンとか。


 閑話休題。

 現在の所、遺伝子作物が人体に悪い影響を及ぼすというデータはないというのが正直な所ではないかと。その理由の一つにはsebleさんが指摘するように『大人数』に食べられていない≒登場してから日が浅いというのがあります。アフリカの方では遺伝子組み換えトウモロコシがまずくて食えたモンじゃないという話があるそうですけれども(^^;

 ともま、例えばジャガイモとか大豆とか、毒性があるものでもそれを人類は調理技術という知恵で美味しく食べられるようにしてきましたから、時代を経ているというのは大きな事ですよね。

 ただ、現在でも古来から食べられていたものが新規条件によって毒性を示したりする事もあるので、中々難しくもありますが。

ふむふむ(。 ・ω・))フムフム

常温(旧垢)2010-02-24 22:02:16

なるほどぉ~

安全なら「遺伝子組み換え」という言葉を変えて表現したほうがいいと思います。

遺伝子組み換えというと、イメージ悪い・・・ 

ほう

あぐりん(^□^)2010-02-24 18:37:29

遺伝子組み換えとか

ややこしいですねー

安全な証拠・・・

確かにないですね;

危ないという証拠はあるような:

すいませんでした

こんな回答で;;

ですから

seble2010-02-24 16:08:07

安全だと立証されていないという事の例えです。

遺伝子の研究をする事は大いに賛成です。

しかし、それ(研究の事じゃないですよ、研究は食えないし、、、念を押しとかないとな、w)を食べても安全だとそんなに確信を持って良いのでしょうか?

安全だという明確な根拠がありますか?

アレルギーと言えば確かにそうですよ。

かゆいし、、、w

人間の遺伝子に影響?

tak2010-02-24 15:58:12

遺伝子組み換え食品が人間の遺伝子に影響を与える可能性があるのでしょうか?



あなたが

ただ単に遺伝子組み換えという言葉にアレルギー反応起こしているだけでないですか?

不明だとおもいます

chincle2010-02-24 15:44:53

遺伝子組み換えのものはどんな危険があるかよく解明されていないからだときたことがあります

もしかしたら危険も何も無く安全な食品という可能性も有りますが

http://q.hatena.ne.jp/1266986485

そうなんですかー

あぐりん(^□^)2010-02-24 15:04:15

なら安心して食べれますね!

問題ないんです

yyyhhh2010-02-24 14:20:48

大豆は室内の殺菌空間で作られることが多いので、農薬まみれになることは殆どないですよ。

実績不足

seble2010-02-24 14:00:00

遺伝子組み換えでなく、かつ、減農薬が良いに決まってます(きっぱり)

農薬まみれなんてとんでもないです。

そして、遺伝子組み換え技術はできてほんの10年かそこらです。

危険性が発見されていないだけの事で、今後、人間の遺伝子にどのような影響が出るか全く未知の世界です。

厳密には食品等を安全だと証明する事は不可能なのです。

現状で分かっている範囲では危険性が見付からない、という程度に過ぎません。

何千年も食べてみて、何も問題が無くて初めてほとんど大丈夫と言えるのです。

大豆そのものは何万年かそこらは食べられているでしょう。

(猿の時代も含めればもっとか、、)

一応、これまで絶滅せずにいるのですから、大豆そのものを食べる事は安全だと言えるだけです。

ちょっとズレますが、食物繊維。

発見自体は比較的古い(それでも数十年)のですが、何の栄養もないし無駄な物、食感が悪くなるとして昔のインスタント食品ではわざわざ取り除いていました。

ところが、近年では全く逆ですよね?

新規の技術についてはそういう事が有り得ます。

食物アレルギー

horonict2010-02-24 13:48:41

いままでアレルギーはなかったのに、遺伝子組み換え大豆を摂取するとアレルギーを発症するかもしれません。

この質問へのコメント

この質問への反応(ブックマークコメント)

質問の情報

登録日時
2010-02-24 13:41:27
終了日時
2010-02-28 23:04:27
回答条件
1人2回まで 50 ptで終了

この質問のカテゴリ

この質問に含まれるキーワード

減農薬8遺伝子組み換え17大豆51納豆149除草剤16

人気の質問

メニュー

PC版