hakoda-te-kun回答ポイント 190ptウォッチ 16

仕事が減って失業率が上がることが問題視されるのはどうしてですか?

全員が一生懸命に働かなければ回らない社会よりも、働く人が少なくても回る社会がいいことは自明のはずです。
SF小説では、ロボットがすべて仕事をこなしてくれ、人間は好きなことをして過ごすような未来が描かれています。ある意味失業率100%ですが、それは現代に生きる人が夢に見る社会です。
ところが現在の世の中は、そのような未来に向かっているにもかかわらず、需要を増やして景気を上向かせ、失業率を改善することに躍起になっています。
この理想と現実とのギャップは、何が原因で生まれているのでしょうか?
社会というものは、そもそもは人々が分業することによって楽をするために存在するはずなのに、なぜ新しい産業を生み出し、景気をよくして忙しくしようとするのでしょうか?

私が求めているのは、仕事がないと給料がもらえなくて生きていけない人がいるから、といった表層的な回答ではありません。
より根本的、本質的な問題を見極めたいと思って質問をしました。
多少学術的になってもかまいませんので、できるだけ説得力のある回答をお待ちしております。

※ 有料アンケート・ポイント付き質問機能は2023年2月28日に終了しました。
ログインして回答する

ベストアンサー

その他の回答

この質問へのコメント

この質問への反応(ブックマークコメント)

質問の情報

登録日時
2010-06-07 13:19:35
終了日時
2010-06-14 13:20:03
回答条件
回答にURL必須 1人3回まで

この質問のカテゴリ

この質問に含まれるキーワード

SF小説29失業率20ロボット430自明18

人気の質問

メニュー

PC版