tomitaro回答ポイント 100ptウォッチ 2

海外旅行に行くと免税店がありますね。

シンガポールやヨーロッパでは街中の店でも普通に「TAX-FREE」と掲載されていて免税手続きができます。ところがアメリカでは町の普通の店は免税手続きしてくれず、Duty-free-Shopに限られ、しかも店内でも特定のエリアでしか免税の買い物できません。
日本でも「免税」の表示を量販店やデパートで免税を見かけるようになりました。すると日本の免税店は「ヨーロッパタイプ」のようです。

また自由競争の国アメリカでの免税店はどこの都市でもDFSという巨大チェーンが免税販売を牛耳っているのも不思議です。

ヨーロッパ型とアメリカ型の違いは何なんでしょうか?各国の税制の違いでしょうか?

※ 有料アンケート・ポイント付き質問機能は2023年2月28日に終了しました。
ログインして回答する

ベストアンサー

その他の回答

この質問へのコメント

コメントはありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

質問の情報

登録日時
2010-06-12 11:45:30
終了日時
2010-06-19 11:50:02
回答条件
1人2回まで

この質問のカテゴリ

この質問に含まれるキーワード

シンガポール159税制72ヨーロッパ595量販店165アメリカ3077

人気の質問

メニュー

PC版