hathi回答ポイント 90ptウォッチ 1

堆積平野の堆積方法の質問です。


関東平野のように標高差のない広い平野ができるのが不思議です。

秩父山地が隆起し、現在の丘陵地帯が沈降した場合には、沈降地で堆積が始まる前は山間凸凹のある地形ですから、隆起部分から流れてきた水は、水量を通せる低い場所に流れて大きな扇状地が形成することはないと思います。
堆積が始まる前に既に平地であれば、山間からの流出土砂が広がって扇状に堆積する気もします。氾濫の度に川が暴れ広いデルタ地帯が形成されるのはわかりますが、放水を左右に振り回して撒水するようなものでしょう。1910年に関東平野をおそった大水害が数百回起きても、広大な水害地の堆積厚みは大したものにならないし、ある程度の厚みの堆積ができれば、その後はそこに浸食の川筋を作ってしまうので、平坦な平原状の広域堆積平野ができるのがピンと来ません。

古多摩川、元荒川、古利根川が今の数倍の流量でも、広範囲に土砂が堆積して大きな平野が形成されるというのは無理な気がします。(世界には、圧倒的な広さの平野やデルタがあります)
シュミレーション、模型実験、確認された堆積実績や、そのわかりやすい説明をお願いします。

※ 有料アンケート・ポイント付き質問機能は2023年2月28日に終了しました。
ログインして回答する

ベストアンサー

その他の回答

この質問へのコメント

この質問への反応(ブックマークコメント)

質問の情報

登録日時
2010-06-18 00:05:13
終了日時
2010-06-25 00:10:03
回答条件
1人5回まで

この質問のカテゴリ

この質問に含まれるキーワード

秩父30多摩川17シュミレーション86デルタ24標高33荒川20浸食8

人気の質問

メニュー

PC版