ShinRai回答ポイント 80ptウォッチ 5

エントロピーというのは、乱雑さの指標であるときいておりました。

したがって、エントロピーは増大に向かうというのが、熱力学の第二法則であると。

しかしながら、情報理論においては、2を底とする対数でエントロピーを求めるということですから、情報量が多いほどエントロピーが大きくなり、情報量が減ると、エントロピーが減ることになります。

これはいったいどういうことなのでしょう。

情報理論におけるエントロピーは、乱雑さを表さないで、何か別のものを表しているのでしょうか。なぜ、そうなのですか。

※ 有料アンケート・ポイント付き質問機能は2023年2月28日に終了しました。
ログインして回答する

みんなの回答

この質問へのコメント

この質問への反応(ブックマークコメント)

質問の情報

登録日時
2010-06-21 15:48:01
終了日時
2010-06-28 15:50:02
回答条件
回答にURL必須 1人2回まで

この質問のカテゴリ

この質問に含まれるキーワード

エントロピー27情報理論15熱力学14対数34

人気の質問

メニュー

PC版