red_helmes回答ポイント なしウォッチ

プロイセン邦有鉄道(プロイセンほうゆうてつどう、ドイツ語: Preußische Staatseisenbahnen)は、プロイセン王国が所有し運営していたプロイセンの国鉄である。日本語ではプロイセン官有鉄道、プロイセン国鉄などとも呼ばれる。プロイセンの邦有鉄道には独立した鉄道組織はなく、各鉄道管理組織が当初通商省の管轄下に置かれ、後にはそこから分割された公共事業省の管轄下に置かれていた。

ドイツでは、1871年にプロイセン王国・バイエルン王国・ザクセン王国・バーデン大公国・ヴュルテンベルクなどのドイツ語圏の多くの領邦からドイツ帝国が成立したが、それ以前に多くの領邦は独自に鉄道を有していた。各領邦の鉄道は、次第に運営上の協力を深めてはいったが、ドイツ帝国成立後も第一次世界大戦後までそれぞれに独立したまま運営された。

こんな昔から国鉄があったなんて、感動ですね!

ログインして回答する

ベストアンサー

その他の回答

この質問へのコメント

コメントはありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

質問の情報

登録日時
2011-06-01 18:12:41
終了日時
2011-06-02 13:42:02
回答条件
1人5回まで

この質問のカテゴリ

この質問に含まれるキーワード

ドイツ帝国14プロイセン王国7バイエルン14ザクセン14第一次世界大戦21プロイセン14国鉄38公共事業39ドイツ語203ドイツ510ベルク11鉄道343大公国12

人気の質問

メニュー

PC版