hathi回答ポイント 250ptウォッチ 1

戦災孤児のその後について(戸籍や住民票)

美空ひばりの曲(1949年1950年頃)を聴いていて、突然不思議に感じだしたのです。 昭和20年代には、孤児、浮浪児が相当数いたらしいです。 
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%88%A6%E7%81%BD%E5%AD%A4%E5%85%90
その人たちも成人し、結婚し、子どもを得た人も多いと思います。 その場合、もともとの正しい戸籍が判明している場合は、住民登録や戸籍に問題はなかったと思うのですが、大勢の「みなしご」「不良者」の中には、戸籍や住民登録、親の戸籍・住民登録などがはっきりしなかった人もいるのではないかと思えるのです。
そうした人の戸籍や住民票は、どのように扱われたのでしょうか。親がはっきりしない場合、親不明のような新規戸籍を作ったのでしょうか。法規上どう扱われるのでしょうか。(戸籍法なども調べていないのですが、、)
実際の状態を教えていただくか、わかるようなサイト、あるいは書籍をお教えください。

※ 有料アンケート・ポイント付き質問機能は2023年2月28日に終了しました。
ログインして回答する

ベストアンサー

その他の回答

この質問へのコメント

コメントはありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

質問の情報

登録日時
2011-12-31 22:18:08
終了日時
2012-01-01 17:51:44
回答条件
1人5回まで

この質問のカテゴリ

この質問に含まれるキーワード

美空ひばり24昭和20年161949年106戸籍1241950年17子ども640

人気の質問

メニュー

PC版