lonlon2007回答ポイント 500ptウォッチ 3

投票権は誰がどれだけ持つべきかという議論はありますでしょうか?

工学部の学生で、現在政治とウェブに関する研究を行なっております。新しい技術を使って新しい国家の意思決定システムを構築できると考えているのですが、そもそも政治学のバックグラウンドが無いのでご教授いただければと考えております。参考になる書籍等もあればご紹介下さい。

誰が票をどれだけの重みで持つべきかという議論はあるのでしょうか?

例えば現在世代別の人口分布が偏っており、発言権に格差が生じています。高齢者の発言権が相対的に大きいために、長期的なスパンを見ての意思決定ができなくなっているという指摘もあるようです。これを是正するために若年層の票の重み付けを少し大きくするという措置はありうると思うのですが、もしこれを否定する政治思想や、肯定するような政治哲学があればご教授下さい。一体誰がどれだけの重みで投票権を持つべきなのでしょうか?それはなぜなのでしょうか?

実現可能性のことは考えずにあくまで思想的な理論的な部分について知りたいです。

※ 有料アンケート・ポイント付き質問機能は2023年2月28日に終了しました。
ログインして回答する

ベストアンサー

その他の回答

この質問へのコメント

この質問への反応(ブックマークコメント)

質問の情報

登録日時
2012-05-24 15:11:13
終了日時
2012-05-31 15:15:06
回答条件
回答にURL必須 1人5回まで

この質問のカテゴリ

この質問に含まれるキーワード

政治学33工学部53高齢者256バックグラウンド124ウェブ1401

人気の質問

メニュー

PC版