isogaya回答ポイント 100ptウォッチ

科学技術の発展には、目利きが大切です。ノーベル賞受賞の山中さんも、2年間190万円の奨励研究Aからはじまっています。その時の審査をしたのが、岸本さんです。どういった基準で奨励研究Aはなされているのでしょうか? 関連する情報あったらお願いします。ある程度成功した研究に予算をつけるのは当たり前ですが、それらの研究も最初は、奨励研究Aのように、年間100万円程度からはじまります。質問はその最初の目利きについてのです。引用もしくは、確実な経験に基づく回答お願いします。下記の内容と同じ記事は回答から、省いていください。

『審査の責任者は免疫学の権威、岸本忠三・元大阪大学長(現阪大特任教授)。山中教授は緊張しながらも「やろうとしている研究内容を一生懸命説明した」。岸本元学長は「ほんまにできるんやろうか」と疑ったが、熱意に押され「千に三つでも当たれば成功」と助成を決めた。これがiPS細胞開発の端緒となった。』

※ 有料アンケート・ポイント付き質問機能は2023年2月28日に終了しました。
ログインして回答する

みんなの回答

この質問へのコメント

この質問への反応(ブックマークコメント)

質問の情報

登録日時
2012-10-09 09:14:10
終了日時
2012-10-14 20:10:21
回答条件
回答にURL必須 1人3回まで

この質問のカテゴリ

この質問に含まれるキーワード

大阪大学15ノーベル賞51阪大12細胞198免疫学7

人気の質問

メニュー

PC版