匿名質問者匿名質問者回答ポイント なしウォッチ 1

民法債権総論の問題です。

1 野菜を自家栽培しているAと個人商店Bとの間で野菜の売買契約が成立した。引渡し場所はA宅となっていたため、Aは引渡し日に畑から野菜を取り、Bがくれば引き渡せる状態にしておいたところ、Bが来ないため、連絡を入れた所、「貯蔵室が突然故障したため、しばらくの間待ってもらいたい。」とのことであった。
そこでAは、野菜を貯蔵しておいたが、Bの引取りが遅延したため、半分は鮮度を失い商品として売ることはできなくなり、もう半分も安価で他社に売却することはできなくなることを余儀なくされた。
A・B間の法律関係について論じなさい。

2 画廊Aは、贋作を真作として販売して儲けようと画策し、知り合いの画家Bに贋作の作成を依頼した。Bが有名画家の油絵に酷似した贋作を完成させたため、AはBに対しその報酬として200万円を支払った。
しかし、その画が売れないためAは、Bに支払った200万円が惜しくなり、A・B間の売買契約の無効を主張し、200万円の返還を請求した。
この場合における、A・B間の法律関係について論じなさい。

です。て、分かる方がいらっしゃいましたら、回答よろしくお願いいたします。

ログインして回答する

みんなの回答

この質問へのコメント

コメントはありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

質問の情報

登録日時
2013-01-09 00:21:36
終了日時
2013-01-16 00:25:03
回答条件
1人5回まで

この質問のカテゴリ

この質問に含まれるキーワード

民法134油絵34債権127画廊10個人商店27安価1398法律1742

人気の質問

メニュー

PC版