syo777回答ポイント 100ptウォッチ 2

簿記の質問です。

始めたばかりなので変な質問ですがよろしくお願いします。
商品2000円を仕入れ代金は小切手で振り出した。
と書いてあるものですが、回答を見ると
(借)商品2000 (貸)当座2000
で、当座という2000円の資産の減少と、商品という資産の2000円の増加でこうなることは確かに理解できます。
しかし、私が初めに思ったのは商品を仕入れるための費用の増加と考えて、
借方に当座の2000を入れるのではないかと考えました。(資産の項目で考えると増加なのでおかしいのは分かるのですが、費用で考えると借方になると思います。)
このような仕分けは考えられますか?
そもそも貸借対照表と損益計算書はそれぞれに1つずつ仕分けが必要で、
取引1つに対して貸借対照表用と損益計算書用の2つの仕分けが必要なのですか?
こんがらがって訳がわかりません・・・
よろしくお願いします。

※ 有料アンケート・ポイント付き質問機能は2023年2月28日に終了しました。
ログインして回答する

みんなの回答

この質問へのコメント

この質問への反応(ブックマークコメント)

質問の情報

登録日時
2013-02-25 01:09:26
終了日時
2013-03-04 01:10:03
回答条件
1人5回まで

この質問のカテゴリ

この質問に含まれるキーワード

貸借対照表42損益計算書31小切手53簿記121資産489

人気の質問

メニュー

PC版