匿名質問者匿名質問者回答ポイント なしウォッチ 1

奈良県(大和国)の十津川村は、代官所支配の天領(将軍直轄地)のようですが、支配層である郷士は、徳川将軍から、土地の安堵状を貰っていたのか(将軍代替りの都度、領地朱印状に類するもの)。WIKIを見つつ纏めると、この地は、鎌倉幕府とも無関係(御家人や地頭がいたようでもなく、守護の介入もなく)、室町期も、吉野朝に尽くしております(後南朝消滅後は??です)。室町時代も守護(興福寺)の支配下に入ってない。太閤検地時にも年貢が赦免された(どうやって?)。大坂の役で、徳川方となり江戸時代は五條代官所の下で天領となり免租され、住民は郷士と名乗ることを許された。


身分差を考えると、たかが郷士が、将軍から朱印状を直接もらうわけはないですが、しかし、将軍からの土地安堵はあったのかな、と思いました。
また、「郷士」の性格を考えると、それは耕作民のようなもので、領主とはいえず、「土地安堵(御恩と奉公の関係)」という表現にはなじまないのであれば、その点、ご指摘くださると嬉しいです(耕作権の安堵と年貢の関係ですね。しかも、年貢はゼロ。)。

ログインして回答する
回答がありません

この質問へのコメント

コメントはありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

質問の情報

登録日時
2013-08-06 23:46:31
終了日時
2013-08-13 23:50:05
回答条件
1人5回まで

この質問のカテゴリ

この質問に含まれるキーワード

鎌倉幕府24興福寺7御家人21Wiki510奈良県69室町時代18朱印21江戸時代235代替481地頭11室町7領地26領主7大坂17奉公13

人気の質問

メニュー

PC版