匿名質問者匿名質問者回答ポイント なしウォッチ

アメリカ企業との取引の際、送金先で税金課税地は変わりますか? また海外の個人口座から日本の法人口座へ売上げを現金で渡した場合は税制上、経理上どんな問題がありますか?

現在、米企業から下請けの仕事をもらえそうなんですが、支払い方法と課税地が関係あるのかわからないので教えてください。 仕事の内容はデザイン(サービス)なのですべてインターネットでやりとりするものです。
先方は支払いを国内送金で済ませたいようなので、私個人のアメリカの銀行口座に支払ってもらい、そこから、日本の自社の口座へ振り込んだ場合、税金課税地はどちらになるのでしょうか?
少し調べてみたのですが、租税条約によると恒久的施設なければ課税せずということなので、課税地は日本のみと思うのですが、アメリカで支払われたものをアメリカの銀行で受け取ってしまうと、その口座が恒久的施設と見なされるのでしょうか? また、その個人口座からすぐキャッシングして、日本法人口座へ現金で移動させた場合、短期貸付金として処理できるのでしょうか? ご教授よろしくお願いします。

ログインして回答する
回答がありません

この質問へのコメント

コメントはありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

質問の情報

登録日時
2014-01-23 15:18:04
終了日時
2014-01-30 15:20:04
回答条件
1人5回まで

この質問のカテゴリ

この質問に含まれるキーワード

日本法人30キャッシング96税制72銀行口座260インターネット5201租税12税金827条約51アメリカ3077法人1083

人気の質問

メニュー

PC版