minminjp2001回答ポイント なしウォッチ 1

記者発表一覧「鏡の左右逆転 1種類ではなかった」

http://www.u-tokyo.ac.jp/public/public01_191101_01_j.html

この研究の意味や学術的意義がよく判りません。「反対」とか「右左」とか学問的定義の曖昧な概念を引きずりまわしていて、このプレスリリースを読む者に困惑と不信感を与えていると思うのは私だけでしょうか?
何某かの学究的余地があるとすれば、「反対」という単語の意味的拡がりを言語学的に追う、というところでしょうけれど、これが心理学に果たして該当するのでしょうか?
鏡といういうと神秘的な感じがするだけで、判子・スタンプと同じであると考えれば、反対であると言えば反対であると言えるし、反対とは言えないと言えばそうとも言える程度の考えにすぎないと思いますがみなさんどう思われますか?

ログインして回答する

ベストアンサー

その他の回答

この質問へのコメント

この質問への反応(ブックマークコメント)

質問の情報

登録日時
2015-07-23 07:57:20
終了日時
2015-07-30 08:00:07
回答条件
1人5回まで

この質問のカテゴリ

この質問に含まれるキーワード

言語学53プレスリリース109心理学274学術11困惑21

人気の質問

メニュー

PC版