匿名質問者匿名質問者回答ポイント なしウォッチ 1

裁判の判決には対世効はない、第三者効はない、と学校では習いましたが、しかし一度下った判決は、「判例として、その後の判決を縛ってしまう」のではないでしょうか。対世効はないので、具体的な事案について、裁判に参加していない当事者を縛ることはないけれど、この事案とは全く関係ないが、よく似た構造の事案では、なんらかの拘束力を有するというと、なんだか変な気が、違和感を感じてしまいます。

私の抱いた、この違和感について、キレイにひも解いて解決していただけるととてもうれしいです。

ちなみに、優秀な弁護団を組織すると有利、稚拙な訴訟を展開すると不利と思うのがふつうだと思います(弁護士を頼まなくても、裁判官が正しい判決を下すと信じて、訴えたり、応じたりすることを助言する専門家は稀だと思います。もっとも、裁判所や法務省は、建前に縛られ、そういうことを助言するのかもしれませんが)。よって、以後の事案に影響を及ぼして貰っては不都合な気すらします。適当に原告被告で馴れ合い裁判を行っておかしな前例を作られてはたまらないからです。

ログインして回答する

みんなの回答

この質問へのコメント

コメントはありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

質問の情報

登録日時
2016-08-12 17:11:11
終了日時
2016-08-19 17:15:04
回答条件
1人5回まで 13歳以上

この質問のカテゴリ

この質問に含まれるキーワード

法務省24弁護団7判例172原告25裁判官70弁護士755被告52判決202専門家728裁判447第三者52訴訟246裁判所176解決341馴れ合い9

人気の質問

メニュー

PC版