匿名質問者匿名質問者回答ポイント なしウォッチ 2

未成年はタバコを吸ってはいけないという法律があるのに、大人が子供に受動喫煙させても、罰則はありません。昔はタバコが有害とか、副流煙の方がよほど有害とか、知らなかったのかもしれませんが、今は副流煙が有害なことは子供も知っています。

子供が主体的に喫煙するのはダメだが、子供への受動喫煙なら構わないというか、仕方ないという、日本のルールは変ではないのでしょうか。子供に説明して納得できる説明があればお願いします。
東京の千代田区条例で歩行喫煙禁止となっているエリアがあるのですが、朝夕に、歩きタバコの勤め人が交番の前を通っても、お巡りさんが注意している場面、いまだに一度も見たことがありません。夜は呼込みの大人が喫煙しながら客引きしています(客引き行為も禁止らしいですが、それはとりあえずどうでもいいです)。しかし、子供が吸っていたら、補導されるかもしれません。
警察が歩行喫煙が条例違反なのに咎めないのは、条例は法律よりも重みが低いからでしょうか、その見解も知りたいです。子供が吸っていてもやはり放置なのでしょうか。


ログインして回答する

みんなの回答

この質問へのコメント

この質問への反応(ブックマークコメント)

質問の情報

登録日時
2017-05-27 00:44:50
終了日時
2017-06-03 00:45:07
回答条件
1人5回まで

この質問のカテゴリ

この質問に含まれるキーワード

副流煙15受動喫煙29千代田区134条例123東京4707タバコ448交番55法律1742

人気の質問

メニュー

PC版