匿名質問者匿名質問者回答ポイント なしウォッチ

貴賤結婚という考え方というのは、「継承権」を否定するか否かという、違いですか、「それ以外」にも、何か、あるのでしょうか。ハプスブルク家は、貴賤結婚で生まれた子には継承権を与えないとしてましたし(いつごろ決めたのか私は知りません)、セルビアで暗殺された皇太子の子孫には、「皇帝位の継承権」はなかったはずです。ロマノフ家も、パーベル1世以来、貴賤結婚による子孫に「皇帝位」の継承権を禁止しています。皇帝位の継承権以外は、どうなんでしょう。

王族(帝族?)身分は保持できたんでしょうか。また、皇帝は、「皇帝位」以外にも、いろんなタイトル(ハンガリー王、ボヘミア王、他。フィンランド大公、他。)を持ってましたが、これらは、「皇帝」位と不可分だったんでしょうか。

ログインして回答する
回答がありません

この質問へのコメント

コメントはありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

質問の情報

登録日時
2017-07-08 22:38:19
終了日時
2017-07-15 22:40:04
回答条件
1人5回まで

この質問のカテゴリ

この質問に含まれるキーワード

ハプスブルク家10セルビア8ハンガリー41フィンランド83皇太子33ロマノフ7皇帝78継承143

人気の質問

メニュー

PC版