匿名質問者匿名質問者回答ポイント なしウォッチ 3

聖書の翻訳がいくつかありますが、関係が良くわかりません。

 ①文語訳は、プロテスタント諸派が作ったもの(ちなみに外国人が主体?)
 ②口語訳は、戦後、プロテスタント諸派が作ったもの(日本人主体?)
 ③共同訳は、そのあと、プロテスタント諸派と、カトリックが協力して作ったもの。
 ④新共同訳は、そのあと、③に祈祷文、典礼文を加えたもの.
という理解で大丈夫かな。

 ④の件ですが、祈祷文、典礼文とくわえたと書きましたが、そういうものを加えたんだかよくわかりません。


 ①②ですが、プロテスタント諸派といっても、どれを聖書とみとめるか、否か、一枚岩だったんでしょうか。それとも、各諸派が、認めるものはすべからく網羅しようとしたんでしょうか。

 ③プロテスタントと、カトリックの間で、聖書に加えるべきか議論のあった部分は、すべて、外典として、加えたんでしょうか。

 ④祈祷文、奉礼文?は全部加えたんでしょうか。いろんな教派のもの、全部加えたということなんでしょうか、それとも、主要なものだけ取捨選択?でしょうか。

 

ログインして回答する

ベストアンサー

その他の回答

この質問へのコメント

この質問への反応(ブックマークコメント)

質問の情報

登録日時
2017-09-17 01:23:41
終了日時
2017-09-23 00:23:41
回答条件
1人5回まで

この質問のカテゴリ

この質問に含まれるキーワード

典礼10プロテスタント30カトリック79聖書100議論53文語12口語27主体25選択341

人気の質問

メニュー

PC版