匿名質問者匿名質問者回答ポイント なしウォッチ 1

ルーブル展に行きました。肖像で、「アンギャン公、のちのコンデ公」 というのがありました。

アンギャン公の「公」は、Duc で、コンデ公の「公」は、Princeです。違いはなんでしょうか。フランス人が受ける印象に違いがあるでしょうか。
・フランス王が授けうるのは、Ducであって、Princeは、フランク時代からの称号なのでしょうか(または、フランク時代からの独立的な領地のことでしょうか)。他にも、フランス国内に、Princeがあるようですが、限られています。
・イングランドでは、Princeは、ウエールズ公だけです。しかも、ウエールズは、正確には、イングランドの外です。

 日本語訳では、使い分けをしていないわけですけども、
  現地語では、別々です。
  現地では、それぞれ、印象が違うと思いますが、どう違うんでしょう?

ログインして回答する

ベストアンサー

その他の回答

この質問へのコメント

コメントはありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

質問の情報

登録日時
2018-08-26 20:03:26
終了日時
2018-09-02 20:05:05
回答条件
1人5回まで

この質問のカテゴリ

この質問に含まれるキーワード

ウエールズ14イングランド57ルーブル6フランス638日本語訳17領地26フランス人86

人気の質問

メニュー

PC版