匿名質問者匿名質問者回答ポイント なしウォッチ

次のWikipediaの記事について、素人的な疑問があります。


>①「アンギャン公( duc d'Enghien)は、フランス貴族の爵位。アンギャンとは、エノー地方(現ベルギー)にある地名(fr)である。ブルボン=ヴァンドーム伯フランソワの元へ輿入れしたマリー・ド・リュクサンブール=サン=ポルが持参金としてもたらしたもので、当初は伯爵領であった。

>②第1期(1566年 - 1569年)1566年、上記のマリー・ド・リュクサンブールの孫にあたるコンデ公ルイ1世のアンギャン伯爵位が公爵に昇格した。登記が完了していなかったため、1569年、彼の死とともに失効した。
~~~~~ 
質問1:マリー・ド・リュクサンブール=サン=ポルが持参したときは、伯爵領であったということですが、これはもともとフランスの伯爵領と認識してます。ですから、フランス王への臣従義務が付随していると思うんですが、この理解で、大丈夫でしょうか。もしも、ドイツの伯爵領であれば、ドイツ王への臣従義務が付随していると思います。
質問2:公爵位として登記未了ということですが、伯爵位としては、子孫に残せそうな気がしますが、どうなってるんでしょう。この文だけではわかりませんでした。

ログインして回答する

みんなの回答

この質問へのコメント

コメントはありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

質問の情報

登録日時
2018-09-01 02:13:38
終了日時
2018-09-08 02:15:05
回答条件
1人5回まで

この質問のカテゴリ

この質問に含まれるキーワード

Wikipedia596爵位39ベルギー67フランス638登記309ドイツ510上記129ブルボン9伯爵41公爵15

人気の質問

メニュー

PC版