匿名質問者匿名質問者回答ポイント なしウォッチ 1

厚生労働省が行う全数調査のひとつ、「社会福祉施設等調査」に関する質問です。



保育所に勤務する保育士数について調べていたところ、「職種別常勤従事者数」の推移と、常勤保育士の「採用者数」と「退職者数」によって求められる変化量の推移がかみ合わないことに気づきました。

例えば、平成27年度であれば、採用者数43,278人、退職者数29,030人で、従事者は13,551人増えていると思いきや、同統計調査の従事者数は、前年度と比べて12,422人減っています。ギャップは25,973人です。
他の年度でも、一万人オーダーのギャップが生じている年が散見されました。

素人からは、このギャップが生じる理由が分からず、最近厚労省の統計でいろいろ報道されたのをきっかけに、さらに気になるようになってきました。
どうしてここまでのギャップが生じるのか、わかる方がいましたら教えてください。

ログインして回答する

みんなの回答

この質問へのコメント

コメントはありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

質問の情報

登録日時
2019-01-17 08:07:42
終了日時
2019-01-24 08:10:04
回答条件
1人5回まで 13歳以上

この質問のカテゴリ

この質問に含まれるキーワード

厚生労働省88厚労省31保育所22統計1316従事15報道689保育士73

人気の質問

メニュー

PC版