超強力な磁力を浴び続けたら人間の体はおかしくなりますか。(携帯非対応ページ可)

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2003/12/08 17:02:35
  • 終了:--

回答(11件)

id:kn1967 No.1

kn1967回答回数2915ベストアンサー獲得回数3012003/12/08 17:08:20

ポイント1pt

可能性は否定出来ないけれども、実証出来るほどのデータが整っていないというのが現状のようです。

http://www.ne.jp/asahi/ecodb/yasui/MagneticJapan.htm

磁場クロ 市民のための環境学ガイド

id:pha

「電磁波」ではなく「磁力」です。

2003/12/08 20:22:42
id:sasada No.2

sasada回答回数1482ベストアンサー獲得回数1332003/12/08 17:15:30

ポイント16pt

 磁力(静磁場)の影響については、上記URLの「3.磁場の生体への影響」をご覧ください。

http://ktai-denjiha.boo.jp/faq/qa1.htm

電磁波とは何ですか?

 それともご質問の件は、磁場というより、そこから生じる電磁波の影響でしょうか。

http://www.yomiuri.co.jp/iryou/life/li352101.htm

お知らせ : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

http://www.shugiin.go.jp/itdb_shitsumon.nsf/html/shitsumon/a1540...

電磁波の人体への影響防止と携帯電話の中継鉄塔建設紛争解決に関する質問主意書

http://www9.ocn.ne.jp/~ujiie/page007.html

仕事がつらい原因は金属アレルギーだった

 上記URLは参考になりますでしょうか。

id:pha

ふむふむ。参考になります。

通常の五倍の磁力を持つ改造ピップエレキバンを作ったのですが、副作用などないか心配になったのです。

2003/12/09 07:16:15
id:watanabe652 No.3

na0wa回答回数163ベストアンサー獲得回数02003/12/08 17:16:55

ポイント13pt

磁力といえば,MRI装置ですが,基本的に健全な方が受けても影響はないと思います.

id:pha

ほうほう。参考になります。

MRIって磁力だったんですね。勉強になった。

2003/12/09 07:16:53
id:inthegroove No.4

inthegroove回答回数768ベストアンサー獲得回数62003/12/08 17:22:32

ポイント3pt

2002年3月31日、番号78109に書いてあります。

id:pha

これは調査依頼のようですが、それに対する回答はどこにあるのですか?

2003/12/09 22:17:16
id:inthegroove No.5

inthegroove回答回数768ベストアンサー獲得回数62003/12/08 17:25:10

ポイント1pt

こちらの方が詳しいですね。

id:pha

電磁波と磁力は違うのでは?

2003/12/09 22:18:05
id:chatora99 No.6

chatora99回答回数161ベストアンサー獲得回数12003/12/08 23:24:13

ポイント3pt

http://www.pasokon-net.com/pmc/won/q&a.html

磁気ブレスレットの Q&A

強力以上に超強力であれば磁力そのもので害は受けなくても二次的に身体の異常がでるものと思います。

id:pha

具体的にどういう作用があるのか書いていないのですが。「二次的に身体の異常がでるもの」という記述は何に拠るものですか?

2003/12/10 20:37:04
id:sitai No.7

sitai回答回数12ベストアンサー獲得回数02003/12/09 00:42:00

ポイント13pt

浴び方にもよるんでしょうが、おかしくなることもあるようです。人間の体も磁力をもってるので、その影響をうければ、脳や体の磁場が狂ってしまうこともある、ということをききました。

ちなみに強力な磁力をつかって、体を治療する方法もあるそうです。

id:pha

具体的にどうなるんでしょう。リンク先のサイトを見ましたが意味がわかりませんでした。

2003/12/10 20:39:04
id:lun No.8

lun回答回数45ベストアンサー獲得回数02003/12/09 01:40:58

ポイント16pt

このページの、時計すら壊れてしまう検査室というエピソードから伺えるように、

かなり強い磁場内で働く方々がいます。

しかし、彼らには身体の不調は特にないようです。

http://www.issp.u-tokyo.ac.jp/

Institute for Solid State Physics

東京大学物性研究所に、もんのすごい磁場を発生させる装置があるようです。

http://www.ims.ac.jp/koukai2003/b06.html

分子研 一般公開2003/展示(B06)

長期間強い磁場を浴びると、このような変化があるようです。

人体が同じ状態におかれれば、なんらかの影響があると考えるのが普通だと思います。

id:pha

ありがとうございます。

参考になります。

2003/12/11 20:39:45
id:MariaMucha No.9

MariaMucha回答回数7ベストアンサー獲得回数02003/12/09 05:27:22

id:pha

参考になります。

2003/12/11 20:42:13
id:cochlea No.10

cochlea回答回数112ベストアンサー獲得回数32003/12/09 08:15:28

ポイント1pt

http://www.health-station.com/new12.html

ヘルスネットメディア

こんな方も被害に遭われています。

id:pha

磁力です。

2003/12/11 20:42:46
id:JunK No.11

JunK回答回数707ベストアンサー獲得回数182003/12/11 06:54:11

ポイント60pt

市販ピップエレキバンの最高値は磁束密度 180mTです。

(大きさが同じならば)約5倍というと、約900mTですね。

あんまり変な事かくと、薬事法違反になるかも・・・で情報だけ。

>八十一 磁気治療器

>昭和36年の薬事法施行令の中で、治療器具のひとつとして正式に登録されている。

>血液成分の中には、プラスイオンとマイナスイオンに電離するものが含まれている。これが血管中を流れるとい

>うことは、電流が流れることに等しい。ここに磁石によって磁場を加えると、「フレミングの左手の法則」によ

>り力が発生する。この力がイオンの流れを活発にし、血液の流れをよくすると考えられている。

>MRI(核磁気共鳴映像法)が医療に応用されているように生体への安全性も確認されている。

>後頭部に磁気刺激を加えると、ステレオグラム(赤と緑の眼鏡による立体視)によって見えている立体感が瞬間

>的に消失することも、日本の研究者によって発見されている。

>「医療用具GCP」に基づき,有効性・安全性などを客観的に評価・考察した臨床治験結果等の提出が義務づけ

>られている。また表面磁束密度は2,000ガウスを超えないことと規定されている。

2,000ガウス = 200mT

>しかし数千ガウス程度の強さでの生体への作用は極めて微弱であり,皮膚細胞への直接作用,表皮血流,自律神

>経等への影響は期待できないとする知見もある。

何故、200mTまでしか認められないのか?。根拠は不明です。

>ピップエレキバンが約0.1T(1000ガウス)なので、ピップエレキバンの約5倍と15倍の磁力を持つ装置

MRIは、一時的に 磁束密度 500、1500mTの地場にさらされるということか。

id:pha

おお、素晴らしいです。素敵な回答をありがとうございます。

2003/12/13 10:01:19

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

トラックバック

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません