「私と、いい男で有名な●●と、どっちの方がいい男かね?」そう聞くと、妻と自分の客人は、「それはあなたに決まってますよ」と答えました。しかし実際にその●●を見ると、自分よりずっといい男でした。そのとき、その男は悟りました。「妻と客人は色眼鏡で見ているからだ…」。そのために彼は王にそのことを進言し、「人の言葉を聞くときは注意した方がいい」と言ったのでした。これは中国の故事なのですが、覚えているのはエピソードだけで、具体的な人名や詳細を完全に失念してしまいました。どなたかお分かりになりますでしょうか? あいまいな質問で申し訳ありません。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2003/12/24 01:39:03
  • 終了:--

回答(1件)

id:pandakurage No.1

pandakurage回答回数9ベストアンサー獲得回数02003/12/28 11:01:04

ポイント40pt

戦国時代の斉の国の話だそうです。

id:saki9

すばばばばばば、すばらしい!

まさにズバリ!です!

質問からだいぶたってしまいましたが、待っていた甲斐がありました。

ありがとうございました。

本当にありがとうございました!

2003/12/28 12:08:35
  • id:pandakurage
    まだ見てらっしゃるでしょうか。

    お役に立てて嬉しいです!
    ではでは〜。
  • id:chikampv
    Re:まだ見てらっしゃるでしょうか。

    これ、私も聞いたことがあったのですが、何だったか思い出せませんでした。
    故事、諺方面から探したのですが見つかりませんでした。

    なので、私も胸がすっきりしました(^^)
    pandakurageさんありがとう。

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません