幼いころ読んだ本です。何かの雑誌に載っていたものかもしれません。なんだったのか知りもう一度手に出来ればと思っています。タイトルや作家名、現在手に入れられなくても載っていたものを知っている人がいたら教えてください。


内容は劇画タッチの絵本のようなもので、主人公がある家になにかの用で訪問するのですが、その家で主人、先代の主人とどんどん案内されていって、その主人が代を追うごとにだんだん小さくなって、なんだか箱の中に入っていたり、最後には角の中のようなところに納まった老人がこちらを見ているというような展開をする怪談のような話で、それを絵で見せていくので非常に恐ろしい印象がしばらく頭に残って離れなかった記憶があります。
日本の話だったかどうかもよくわかりません。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2004/07/27 16:34:43
  • 終了:--

回答(1件)

id:kusurino-okyu No.1

kusurino-okyu回答回数336ベストアンサー獲得回数72004/07/27 17:52:23

ポイント50pt

さいごまで読めない世界のこわい話 (特装版どきどきわくわくシリーズ)

さいごまで読めない世界のこわい話 (特装版どきどきわくわくシリーズ)

  • 作者: 小池 タミ子
  • 出版社/メーカー: 学習研究社
  • メディア: 単行本

新装版になっていますが、こちらだと思います。

質問のお話は「七人先のおやじさま」ですね。

私は「青ひげ」がすごい怖かったです。

id:magra

あ、これだと思います!

大変ありがとうございした!

2004/07/27 17:54:56

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません