日本のミステリーです。

内容は、殺人事件がおこるのですが、
そこにいた主人公が殺人を阻止しようといろいろ画策しても、かならず殺人は起きてしまう。そして、一晩寝る(階段から落ちて頭をうったような)と必ずその日に戻ってしまいます。
こわれたレコードのようにその日は繰り返されて、彼がどのようにしても必ず殺人が起こってしまい、その時間の流れから、永久に抜け出せないような気がしていると、
ある時、時間が進んで翌日を迎えることが
できる、、、。というようなお話でした。
ここ2、3年以内位のものかと、思います。男性の作家だと思います。よろしく。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2004/08/17 18:18:48
  • 終了:--

回答(1件)

id:toukaidou No.1

toukaidou回答回数234ベストアンサー獲得回数02004/08/17 18:22:25

ポイント50pt

七回死んだ男 (講談社文庫)

七回死んだ男 (講談社文庫)

  • 作者: 西澤 保彦
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • メディア: 文庫

西沢保彦の「七回死んだ男」じゃないでしょうか。ここ2,3年の小説ではないですが、類似点が多いです。

id:ojaoja

読んでみないとなんともいえませんが、

たぶんこれだと思います。題名も全然覚えていないので、、、。ボケてきたのかも。

ありがとうございました。

2004/08/17 18:29:17

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません