「予想できない突然のできごと」によって不幸になってしまう「童話」や「おとぎ話」を教えてください。

すなわち、ある程度予想して準備できていればその不幸から逃れられたにも関わらず、あまりにも突然に何かが起こってしまったために、不幸になってしまったような話です。
有名・無名な話、どちらでも構いません。可能なら参照できるURLをお教え頂ければ幸いです。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2005/04/07 05:10:05
  • 終了:--

回答(17件)

id:syouchan No.1

syouchan回答回数93ベストアンサー獲得回数02005/04/07 05:26:19

ポイント13pt

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4003012615/qid=11128189...

Amazon.co.jp: 御伽草子 上 (1): 本: 市古 貞次

浦島太郎


ポピュラーすぎますか?

id:maiko8

ありがとうございます。

そう言われるとそうですね。

他にも何かありましたら幸いです。

「突然の災難」などで。

2005/04/07 06:41:01
id:zaikk No.2

zaikk回答回数192ベストアンサー獲得回数22005/04/07 07:45:37

ポイント13pt

http://www.geocities.co.jp/Bookend/9563/grasshopper/Japan.html

�u�A���ƃL���M���X�v�ɂ��镶�����r�̖����_

イソップ物語の「ありときりぎりす」です。

きりぎりすにとっては、冬に寒くなり餌がなくなることは、「あまりにも突然」だったのではないでしょうか?

id:maiko8

あ、なるほど。

予想していなかった…。と考える方がよいのでしょうか。ありがとうございました。

2005/04/07 10:17:38
id:mh7425 No.3

mh7425回答回数70ベストアンサー獲得回数02005/04/07 08:42:28

ポイント12pt

定番ですが「アリとキリギリス」です。

実は、様々な解釈があるようですね。

id:maiko8

あれ、同じですね。なるほど。

参考になりました。

2005/04/07 10:18:01
id:mimibukuro No.4

mimibukuro回答回数1299ベストアンサー獲得回数32005/04/07 09:39:17

ポイント12pt

上記2つ、ともに「瓜子姫」。瓜子姫の話には諸説ありますが2つ紹介させていただきます。「美しい瓜子姫が」「お殿様との結婚が決まり、その前の日に」、

・山姥がやってきて

・天邪鬼がやってきて

「おばあさんのフリをして戸を開けさせて」

・山姥→瓜子姫のフリをする(瓜子姫は木にしばりつけられて生きている)

・天邪鬼→瓜子姫を殺して皮を被る


その日、そういったことがあると分かっていればおじいさんおばあさんは瓜子姫を一人にはしなかったでしょうし、「戸の向こう」にいるのがおばあさんではなくて悪者だと知っていたら瓜子姫は扉を開けなかったでしょう。

青髭。


そんな恐ろしい人間だと知っていたら、誰も結婚しないだろうし、恐ろしい目に遭うこともなかったでしょう。また血のしみが取れなくなると知っていたら、その部屋に入らないOR鍵の取り扱いに注意することも可能だったでしょう。

まあ青髭の場合は突然の不幸というより、知らなかっただけな気がしますが…。結果的に小部屋に入ったことが恐怖を呼ぶので、一応ご紹介しました。

id:maiko8

なるほど…。非常に面白かったです。本当にありがとうございました。

2005/04/07 10:28:04
id:green-arrow No.5

green-arrow回答回数96ベストアンサー獲得回数12005/04/07 11:02:32

ポイント12pt

http://www.cantan.co.jp/douwa/sanbiki_no_kobuta.htm

���b�������铊��_�O�C�̎q�Ԃ��Ɋw�ԓ����̔閧

三匹の子豚。

災難に弱い家を造ってしまった兄たち二人は「いずれ災難がやってくるかもしれない」とは予想していなかった訳ですね。

結局、災難を予想して丈夫な家を造っておいた末弟の家に逃れて狼から逃げられますが、逃げ切れず食べられてしまうというバージョンもあります。

最後、ほんとうに不幸になったのは狼でしょう。

まさか、強いはずの自分が狩られるとは思っていなかったわけですから。

継母と継子のいろいろなパターンが世界中にあります。

代表的なのはグリムの「ホレおばさん」でしょうか。

心が優しい正直者の継娘は、その善行のために、なにか素晴らしい贈り物をホレおばさん(に代表される神様か妖精のような超自然的な存在)から受けることになります。

美しい着物やお金をもらったり、一言話すたびに口から真珠や宝石が出るという能力だったり。

それをうらやんだ継母は、自分の実の娘に継子の真似をさせて良い贈り物を受けようとしますが、実の娘は継子の本当に見習うべき点(相手を思いやる、人のために働くなど)を見過ごしたり忌避したりしながら、自分の身にも継娘と同じ事が起こるとしか予想していません。

結果、綺麗な着物の代わりに身体中にタールの雨を被ったり、場合によってはそのタールが洗っても取れず染みついてそのまま醜い顔になってしまったり、一言話すごとに口から蛇や蛙が出てくるありがたくない能力をさずかってしまったりします。

予想の観点が違ったために事前の準備が出来なかった、と言えると思います。

継母と継子のパターンにこれはとても多いですが、日本の「舌切り雀」のおじいさんとおばあさんもそれに近いものがあります。

id:maiko8

なるほど。こぶとりじいさんも近いですね。花咲じいさんも。

本当にありがとうございました。

2005/04/07 14:09:38
id:Im_Me No.6

Im_Me回答回数301ベストアンサー獲得回数62005/04/07 11:47:08

ポイント12pt

やはりフランダースの犬でしょう。

タイミングの悪さも絶妙です。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4309460577/qid=11128413...

Amazon.co.jp: 長靴をはいた猫: 本: シャルル ペロー,渋澤 龍彦

青髭は原作のペロー版だと、むしろ「玉の輿を狙った賢い女」って読めてしまいます。


何故なら、何人もの奥さんが行方不明になっている事を分かっていて相手を不気味だと言いながら金があるからと嫁ぎ、贅沢三昧の暮らしをし、青髭が唯一貸した約束さえ守らず(秘密の部屋)挙句の果ては旦那を殺してその財産を身内と新しい男で使って贅沢を続けた…という(^^;)

実在の人物をモデルにしている、とも言われるので、リアルなのかもしれませんけれども…。


グリム版はかなり柔らかくなっているのですが、以前の奥さんが行方不明になっているのは一緒のはずなので「予想」はできたはず。


浦島太郎も、ちゃんと「あけるな」って言われたよなぁ…

id:maiko8

なるほどー。ありがとうございます。

とても参考になりました。

2005/04/07 14:10:15
id:konoha788 No.7

konoha788回答回数391ベストアンサー獲得回数22005/04/07 16:40:27

ポイント12pt

http://www.shiki.gr.jp/applause/andersen/

���c�l�G�@�X�e�[�W�K�C�h�@�A���f���Z��

すこし違うかもしれないけど「人魚姫」


王子様と結ばれたくて、声と引き換えに足を得て人間になったのに、

王子様は隣のお姫様と結婚してしまいました。


姉たちがとめるのも聞かず、海の上へ向かい溺れた王子様を助け故意に落ちたのでした。


結局姉たちが、王子様を殺して海の生活に戻るように言われたけど、王子様を殺せずに身を投げます。


人間になったときに

王子様が隣の姫に助けてもらったと勘違いしているのを解いたり、自分の気持ちを声がなくても、あからさまにぶつけていたら。。。もしかしたら。ハッピーエンドだったかもしれないですね。


でも、控えめで純粋な性格だから、心うたれるのかも。。。


王子様と同じ人間になれて、近づけたと浮かれているうちに、結婚話が進んでいたのですね。

id:maiko8

なるほどなるほど。ありがとうございます。

他にもありましたら。

厳密には「突然の災害」や「突然の侵略者」みたいな方がいいかな、と。ありがとうございました。

2005/04/08 04:39:42
id:hamao No.8

hamao回答回数3293ベストアンサー獲得回数402005/04/07 19:42:41

ポイント12pt

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4652073852/qid=11128702...

Amazon.co.jp: ベロ出しチョンマ: 本: 斎藤 隆介,滝平 二郎

多数ある書誌の一つ

名主の父が直訴に及んだばかりにはりつけになる兄妹の話

id:maiko8

あ、なつかしい。教科書にありました。

ありがとうございます。

2005/04/08 04:40:11
id:sami624 No.9

sami624回答回数5245ベストアンサー獲得回数432005/04/07 22:47:02

ポイント12pt

これもイソップですが、蛙が牛の大きさを表現するためおなかを膨らましていたら、おなかがパンクする…というお話しです。

id:maiko8

うむむ。なるほど。確かに予想していれば…。

確かに。

ありがとうございます。

2005/04/08 04:40:36
id:tetsu1 No.10

tetsu1回答回数260ベストアンサー獲得回数02005/04/08 02:52:00

ポイント12pt

http://homepage3.nifty.com/tak-shonai/intelvt/intelvt_001.htm

「三つの願い」 と発想の転換 ソーセージの扱い方

シャルル・ペローの童話 「三つの願い」

突然、三つの願いをかなえてもらえることになった夫婦。

慌ててソーセージを食べたいなんていうくだらない願いをしてしまった妻。

それにぶちきれて、よりくだらない願いをかなえられてしまう夫。

ソーセージが鼻にくっつくというこれ以上不条理な不幸はあるでしょうか。

小さいとき、その場面の絵が無性に怖くてたまりませんでした。

id:maiko8

なるほどー! これはまた面白い。ありましたね。ありがとうございました。

2005/04/08 04:41:02
id:ucchon No.11

うっちょん回答回数27ベストアンサー獲得回数02005/04/08 04:00:20

ポイント12pt

「そば清」

元は落語みたいです。


類似話で「蛇含草」っていうのもあります。


自分が死ぬとわかっていたら、草を口にしなかっただろうし・・・。

id:maiko8

なるほど。そう考えると、突然の不幸って、童話の中核を成すものなのですね。ありがとうございました。

もし他にもありましたら。

2005/04/08 04:43:13
id:chakya No.12

chakya回答回数262ベストアンサー獲得回数02005/04/08 20:06:11

ポイント12pt

http://aureaovis.com/story02_04.htm

story パンを踏んだ娘

この話ご存知でしょうか?

子供のころNHKで見た記憶があり衝撃的な内容と(子供にとっちゃ)なんか怖い雰囲気をかもし出す演出で今も記憶に残ってます。

ところで、本題ですがこの話主人公?の娘にとっては予想もしないことだったのでは?と思いますが。。

id:maiko8

ははぁ…。知りませんでした。ありがとうございました。

2005/04/13 16:49:38
id:sanzi24 No.13

sanzi24回答回数600ベストアンサー獲得回数12005/04/09 18:59:29

ポイント12pt

http://www.bk1.co.jp/cgi-bin/srch/srch_detail.cgi/4257a1592d2170...

オンライン書店ビーケーワン 404 ページを表示することができません

前のが開かれていないのでわかりませんが。

最近映画化された奴。(童話というよりは児童書ですが)質問者のお題そのまんまです。

あと童話なら「鉢かつぎ姫」「シンデレラ」(いわゆる継母物ですね)これなんて予想もしない突然の出来事だったと思います。

id:maiko8

なるほど。ありがとうございました。

2005/04/13 16:50:21
id:yuppia No.14

yuppia回答回数345ベストアンサー獲得回数02005/04/09 21:35:42

ポイント12pt

童話や昔話は不幸な話が多いですよね。


カチカチ山→おじいさんがいきなり狸に殺され、おばあさんはおじいさんを食べさせられてしまう。

などはどうでしょうか?

質問者が未読の回答一覧

 回答者回答受取ベストアンサー回答時間
1 grim 40 33 0 2005-04-10 22:19:18
2 grim 40 33 0 2005-04-11 00:23:27
3 nagomi_neko 24 22 0 2005-04-13 15:53:55

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません