外資系企業は 日本での販売には ライセンスが必要ですが  (例えば バーバリー社は 日本では三陽商会という所が販売をしていますが) 英バーバリー社と三陽商会って 全くの別会社では?


ブランド発祥国(そのブランドの発祥地)の直営店で 日本から直接 ネットなどで購入する事って出来ないのでしょうか??

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2005/10/31 12:14:52
  • 終了:--

回答(2件)

id:PPPz No.1

PPPz回答回数1124ベストアンサー獲得回数132005/10/31 14:08:47

ポイント25pt

http://www.jftc.go.jp/dokusen/3/dtgl/3-3.htm

流通・取引慣行に関する独占禁止法上の指針 / 第3部 総代理店に関する独占禁止法上の指針

URLはダミーです。

ちょっと質問の意味がわかりかなる面がありますが、ここでいう(とくにアパレル)ライセンス契約は、ブランド名を利用するためのライセンスですよね。つまり商品的には三陽商会の製造で、(ケースバイケースですが)バーバリーの品質基準をクリアして販売しているということになります。

質問の主旨はバーバリーのオリジナル品を日本で買いたいという意味でしょうか?

ブルーレ―ベルやブラックレーベルは日本のオリジナルラインだったと思います。

バーバリーはよくわからないのですが、ラルフローレンなどは、オンワードが多くのアイテムをライセンス契約してますが、直営店舗もあります。

もしかして、ライセンスという言葉でなにか勘違いされているのでは?という気もするのですが。

アップルストアのように、アパレルメーカーがネットで直販をやってるか?ということでしょうか?だとしたら、流通を考えると直営アウトレット以外にはそういうケースはすくないでしょうね。

id:achieve110

わかりずらい質問でしたら  ごめんなさい

2005/11/01 15:01:38
id:chienotomo No.2

chienotomo回答回数71ベストアンサー獲得回数02005/11/01 11:07:05

ポイント25pt

http://www.udf-jp.org/paralell%20import3

���@�ȕ��s�A���Ƃ͂ǂ��������́H

ご指摘の方法は「並行輸入」という名前で比較的一般的に行われていますよ。外国企業が日本で者を販売するときにライセンス販売をするかどうかはその外国企業の方針によります。自社で営業拠点を置く方針がなければ販売代理店契約をするでしょうし、製造自体日本の市場に併せたものを作る方針であればライセンス製造をする契約をするでしょう。層でなければならないからしているのではなく、そうしたい(現在の自社の販売力などを考慮して)もしくはそうしたほうが得策だと思っているからそうしています。

以前、タグホイヤーの総代理店だったワールド通商はタグホイヤージャパンが設立されたため、その総代理店契約を失いました。

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません