3月15日(一昨日)放送の「トリビア泉」の中で、「つま先を壁につけると背伸びが出来ない」というトリビアがあったのですが、その部分の解説を見逃してしまいました。

 番組中で「何故つま先を壁につけると背伸びが出来ないのか」という医学的・科学的な解説をしていたのであれば、それについて(うろ覚えでも構いません)教えていただけませんでしょうか。

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 登録:2006/03/17 20:50:10
  • 終了:2006/03/18 15:21:55

回答(5件)

id:yuki333zityo No.1

yuki333zityo回答回数719ベストアンサー獲得回数132006/03/18 01:26:55

ポイント20pt

人間は背伸びをする時、つま先で体をささえるため、重心を体の前方に押しやろうとします。そのためには体を前方に倒さなければならないのですが、壁があると体を倒す事ができません。つまり壁が重心移動を妨げるのです。なのでできない、ということです。

id:alg-lj No.2

alg-lj回答回数32ベストアンサー獲得回数12006/03/17 21:33:16

ポイント20pt

背伸びをすると、バランスを取るために自然と重心を前に移動してしまう。しかし前に壁があるとその重心移動ができないため、背伸びの姿勢を維持できない。

こんな感じでした。

id:practicalscheme No.3

practicalscheme回答回数157ベストアンサー獲得回数422006/03/17 21:34:48

ポイント20pt

その番組は観ていませんが。

安定してつま先立ちするには、身体全体の重心がつま先の真上に来ないとだめですよね。ということは身体の一部はつま先よりも前に出てないとならない。つま先を壁につけるとそれが出来ない、ということじゃないでしょうか。

id:ujinkojimo No.4

ujinkojimo回答回数60ベストアンサー獲得回数02006/03/17 21:35:49

ポイント20pt

http://www.comp-bio.riken.jp/1/members/pages/nagano.html

図3 生成された跳躍動作

たしか膝を曲げられないからだったと思います。

id:onem No.5

onem回答回数38ベストアンサー獲得回数22006/03/17 21:36:05

ポイント20pt

ぁー、実際に見てないので、想像で申し訳ないのですが…

恐らく、重心の問題ではないでしょうか?

爪先を壁に付けてしまうと、体が壁より前にいかないので、重心が後ろに残ったままになってしまうので、そのまま後ろに戻る。

ってな具合ではないでしょうか?

実際に背伸びをしてみると、体が多少前に動くはずですが…

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません