シリーズものでないライトノベルを紹介して下さい。例えば、『砂糖菓子の弾丸は打ち抜けない』や『塩の街』のような一巻だけで完結している作品です。


条件は以下のとおりです。
・文庫でのみ発売されている(『空の中』やメフィスト・ファウスト系は×)
・一巻で終わっている。話としては繋がっていなくてもダメ(「十二国記」『キノの旅』は×)
・できれば、ライトノベルのレーベルであることが望ましい(電撃文庫など)
・推薦理由は書いてください(一行でもいいです)。量などによって、ポイントを増やします。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人1回まで
  • 登録:2007/02/02 16:26:35
  • 終了:2007/02/08 23:18:16

ベストアンサー

id:mizunotori No.7

mizunotori回答回数37ベストアンサー獲得回数62007/02/04 16:34:07

ポイント20pt

『ALL YOU NEED IS KILL』桜坂洋

一巻完結といえばこの作品を忘れるわけにはいきません。タイムループを軸に、戦場の恋を描いた作品です。なにか一冊と言われれば、私ならまずこの作品を勧めます。

ALL YOU NEED IS KILL (集英社スーパーダッシュ文庫)

ALL YOU NEED IS KILL (集英社スーパーダッシュ文庫)

  • 作者: 桜坂 洋
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • メディア: 文庫


『ラスト・ビジョン』海羽超史郎

こちらもタイムループをテーマとしていますが、上の作品よりSF要素の強い作品です。構成が非常にややこしく、また少し古い作品なので入手しにくいかもしれませんが、それらを差し引いても読む価値のある作品だと思います。

ラスト・ビジョン (電撃文庫)

ラスト・ビジョン (電撃文庫)

  • 作者: 海羽 超史郎
  • 出版社/メーカー: メディアワークス
  • メディア: 文庫


『さよなら妖精』米澤穂信

ライトノベルレーベルからではなく、創元推理文庫から出ているのですが、十分にライトノベル的な作品です。ダメでしょうか。異国からやってきた美少女と出会い、彼女が抱くちょっとした疑問を解決していくという話。ライトノベルというには、結末がちょっと重すぎるかもしれませんが…。

さよなら妖精 (創元推理文庫)

さよなら妖精 (創元推理文庫)

  • 作者: 米澤 穂信
  • 出版社/メーカー: 東京創元社
  • メディア: 文庫


『永遠のフローズン・チョコレート』扇智史

とても綺麗な表紙が目を引く作品です。雰囲気は暗め、捻くれた少女が主人公ということで、どこか桜庭一樹作品と通じるものがあるように思います。

永遠のフローズンチョコレート (ファミ通文庫)

永遠のフローズンチョコレート (ファミ通文庫)

  • 作者: 扇 智史
  • 出版社/メーカー: エンターブレイン
  • メディア: 文庫


『空とタマ ―Autumn Sky, Spring Fly―』鈴木大輔

最近の作品ではこれがオススメです。青春恋愛物といえばいいんでしょうか。終盤になるとストーリーがかなり飛躍するんですが、そういったあたりが逆にライトノベルらしいと思います。

空とタマ―Autumn Sky,Spring Fly (富士見ミステリー文庫)

空とタマ―Autumn Sky,Spring Fly (富士見ミステリー文庫)

  • 作者: 鈴木 大輔
  • 出版社/メーカー: 富士見書房
  • メディア: 文庫

id:wani-lab

 たくさんの作品を紹介していただき、ありがとうございます。桜坂さんと米澤さんは他の作品を読んだことがあります。

 『ラスト・ビジョン』と『永遠のフローズンチョコレート』はおもしろそうです。

2007/02/04 23:59:14

その他の回答(7件)

id:kn1967 No.1

kn1967回答回数2915ベストアンサー獲得回数3012007/02/02 16:55:45

ポイント15pt

ふわふわの泉 (ファミ通文庫)

ふわふわの泉 (ファミ通文庫)

  • 作者: 野尻 抱介
  • 出版社/メーカー: エンターブレイン
  • メディア: 文庫

ライトノベルはあまり読まないのだけど、これはタイトルに引かれて買っちゃいました。

SFなのですが論理的部分を完全に無視しても十分楽しめます。

id:wani-lab

 名前だけは早川書房刊行の本で知っていました。ライトノベルも書いているんですね。ありがとうございます。

2007/02/02 21:13:33
id:jstand No.2

jstand回答回数158ベストアンサー獲得回数72007/02/02 17:17:16

ポイント15pt

http://www.amazon.co.jp/%E6%8E%A8%E5%AE%9A%E5%B0%91%E5%A5%B3-%E6...

『推定少女』、質問文中にある『砂糖菓子の弾丸は打ち抜けない』と同じく桜庭一樹さんの作品です。

話の内容自体は最初から最後までよく分からない感じでイマイチといえばイマイチなんですが、なぜか不思議とはまってしまう作品です。

ふとした時に読み返したくなる、そんな作品です。

個人的に大好きな作品なので紹介しました。

http://www.amazon.co.jp/OUT-%E4%B8%8A-%E8%AC%9B%E8%AB%87%E7%A4%B...

『OUT』桐野夏生

これをライトノベルと言っていいのか疑問ですし、上下巻なので1巻で終わってると言えるか疑問ですが、どうしても書きたかったので書かせていただきました。

この作品は最高です。それしか言えません。

id:wani-lab

 桜庭さんは『砂糖菓子~』を含めて数冊読んでいるのですが、『推定少女』は未読でした。チェックしてみます。

 『OUT』は既読ですが、間違いなくライトノベルではありません。凄さはわかりますけども。

 ありがとうございました。

2007/02/02 21:19:09
id:katsube No.3

katsube回答回数133ベストアンサー獲得回数72007/02/02 17:58:13

ポイント15pt

大沢さんに好かれたい。

http://www.amazon.co.jp/%E5%A4%A7%E6%B2%A2%E3%81%95%E3%82%93%E3%...

最初はよくあるヒーロー物かと思って読んでいたら、後半結構裏切られました。特に最後のページは、あの複線か!ズルイ!と、ちょっとうるんでしまいました(^^;

id:wani-lab

 直球ですね。私が想像するライトノベルっぽいところがありそうなので、楽しみです。

2007/02/02 21:22:51
id:gon0604 No.4

gon0604回答回数505ベストアンサー獲得回数92007/02/02 23:27:13

ポイント15pt

クリス・クロス

http://www.amazon.co.jp/%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%...

タイム・リープの高畑 京一郎 のデビュー作です。

ネトゲが一般的になってくる時代以前に書かれたものです。

このまま技術が進化するとこういうゲームも出来そうで

技術が進歩している現在、妙なリアル感があっていいです。

id:wani-lab

『タイム・リープ』は読ませていただきました。あの作者のデビュー作ならばおもしろそうです。

2007/02/03 18:21:56
id:miharaseihyou No.5

miharaseihyou回答回数4541ベストアンサー獲得回数5692007/02/03 01:13:44

ポイント20pt

藤原 征矢という作家は優秀なラノベ書きですが長編の続き物ばかりではなく多数の単発での作品があります。古いところから紹介していきましょう。

調査員(オブザーバー)ランラン (ソノラマ文庫)

調査員(オブザーバー)ランラン (ソノラマ文庫)

  • 作者: 藤原 征矢
  • 出版社/メーカー: 朝日ソノラマ
  • メディア: 文庫

異性人の女の子が地球人の調査をするお話

龍神の惑星 (ソノラマ文庫)

龍神の惑星 (ソノラマ文庫)

  • 作者: 藤原 征矢
  • 出版社/メーカー: 朝日ソノラマ
  • メディア: 文庫

宇宙の移民船からひとりだけ脱出できた少年は、たどり着いた惑星で不思議な人々と出会います。

ジャックポット (ソノラマ文庫)

ジャックポット (ソノラマ文庫)

  • 作者: 藤原 征矢
  • 出版社/メーカー: 朝日ソノラマ
  • メディア: 文庫

野獣のような少年とお嬢様のラブコメディー

鴉紋 洋という作家は、もう殆ど死んでますが、最後にひとつ面白いのを出してます。

おさわがせユニバース (ソノラマ文庫)

おさわがせユニバース (ソノラマ文庫)

  • 作者: 鴉紋 洋
  • 出版社/メーカー: 朝日ソノラマ
  • メディア: 文庫

無敵のお嬢様の爆笑ラブコメディーです。

吉岡 平という作家は無責任シリーズなどで有名ですが、目いっぱい趣味に走って短発の書き下ろしの文庫でコスプレをネタにラブコメディーを出しています。

コスプレ温泉 (ソノラマ文庫)

コスプレ温泉 (ソノラマ文庫)

  • 作者: 吉岡 平
  • 出版社/メーカー: 朝日ソノラマ
  • メディア: 文庫

ピアキャロットとか出てきて、かなり話が古いのですが、充分に笑わせてくれます。

どれもソノラマ文庫全盛の頃の数年前の作品です。最近のラノベ作品は単発だと弱いのが多くてお勧め出来そうなのに心当たりがありません。ラノベ全体の質も低下する一方のように感じます。

id:wani-lab

 知らない作家さんの作品ばかりです。笑いは好みが大きく影響するので、不安ではありますが、チェックしたいと思います。

2007/02/03 18:21:41
id:naka-chin No.6

naka-chin回答回数17ベストアンサー獲得回数02007/02/03 21:46:18

ポイント15pt

http://www.amazon.co.jp/%E3%82%AB%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%A0%E3%...

カスタム・チャイルド(壁井ユカコ)

とりあえず1巻で完結しています(機会があれば続きも書きたいとの発言もありましたが)

『キーリ』『鳥籠荘の今日も眠たい住人たち』シリーズの作者さんの作品です。

句読点と改行が少なく読みにくいかも知れませんがそこが良いと個人的には思っています。

id:wani-lab

 私でも名前だけは聞いたことがあるということはおそらく実力派の人でしょう。読んでみたいと思います。

2007/02/03 22:38:40
id:mizunotori No.7

mizunotori回答回数37ベストアンサー獲得回数62007/02/04 16:34:07ここでベストアンサー

ポイント20pt

『ALL YOU NEED IS KILL』桜坂洋

一巻完結といえばこの作品を忘れるわけにはいきません。タイムループを軸に、戦場の恋を描いた作品です。なにか一冊と言われれば、私ならまずこの作品を勧めます。

ALL YOU NEED IS KILL (集英社スーパーダッシュ文庫)

ALL YOU NEED IS KILL (集英社スーパーダッシュ文庫)

  • 作者: 桜坂 洋
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • メディア: 文庫


『ラスト・ビジョン』海羽超史郎

こちらもタイムループをテーマとしていますが、上の作品よりSF要素の強い作品です。構成が非常にややこしく、また少し古い作品なので入手しにくいかもしれませんが、それらを差し引いても読む価値のある作品だと思います。

ラスト・ビジョン (電撃文庫)

ラスト・ビジョン (電撃文庫)

  • 作者: 海羽 超史郎
  • 出版社/メーカー: メディアワークス
  • メディア: 文庫


『さよなら妖精』米澤穂信

ライトノベルレーベルからではなく、創元推理文庫から出ているのですが、十分にライトノベル的な作品です。ダメでしょうか。異国からやってきた美少女と出会い、彼女が抱くちょっとした疑問を解決していくという話。ライトノベルというには、結末がちょっと重すぎるかもしれませんが…。

さよなら妖精 (創元推理文庫)

さよなら妖精 (創元推理文庫)

  • 作者: 米澤 穂信
  • 出版社/メーカー: 東京創元社
  • メディア: 文庫


『永遠のフローズン・チョコレート』扇智史

とても綺麗な表紙が目を引く作品です。雰囲気は暗め、捻くれた少女が主人公ということで、どこか桜庭一樹作品と通じるものがあるように思います。

永遠のフローズンチョコレート (ファミ通文庫)

永遠のフローズンチョコレート (ファミ通文庫)

  • 作者: 扇 智史
  • 出版社/メーカー: エンターブレイン
  • メディア: 文庫


『空とタマ ―Autumn Sky, Spring Fly―』鈴木大輔

最近の作品ではこれがオススメです。青春恋愛物といえばいいんでしょうか。終盤になるとストーリーがかなり飛躍するんですが、そういったあたりが逆にライトノベルらしいと思います。

空とタマ―Autumn Sky,Spring Fly (富士見ミステリー文庫)

空とタマ―Autumn Sky,Spring Fly (富士見ミステリー文庫)

  • 作者: 鈴木 大輔
  • 出版社/メーカー: 富士見書房
  • メディア: 文庫

id:wani-lab

 たくさんの作品を紹介していただき、ありがとうございます。桜坂さんと米澤さんは他の作品を読んだことがあります。

 『ラスト・ビジョン』と『永遠のフローズンチョコレート』はおもしろそうです。

2007/02/04 23:59:14
id:fudsuki No.8

文月 十一郎回答回数10ベストアンサー獲得回数22007/02/06 11:04:09

ポイント15pt

富士見ミステリー文庫で「ニライカナイをさがして」はいかがでしょうか。

ニライカナイをさがして (富士見ミステリー文庫)

ニライカナイをさがして (富士見ミステリー文庫)

  • 作者: 葉山 透
  • 出版社/メーカー: 富士見書房
  • メディア: 文庫

沖縄を舞台にした、青春小説です。派手な展開や意表をつくどんでん返しとかは無いけど、非常に爽やかな印象を受けました。読むと、沖縄に行きたくなります。

id:wani-lab

おもしろそうですね。『海がきこえる』のような話でしょうか。ありがとうございます。

2007/02/06 11:54:38

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません