在宅ビジネスのノウハウを調べています。


在宅者に頼む側である企業(担当者)の事情について
紹介しているページがあれば教えてください。

「これこれを入力してください。」だったら簡単なのですが、
例えば、「○○な情報を探してください。」の場合には、
うまくニュアンスを伝えられないこともありまして・・・
もちろん、こうして欲しいという具体例を出す、
などの方法はとっているのですが。

一番知りたいのは、
「在宅ワーカーの方にうまく仕事内容を説明し
希望するレベルの仕事をしていただくための
ノウハウ・コミュニケーション方法」です。

やり取りにはメールが良いのか、電話が良いのか、
それぞれにおいて何かコツのようなものは無いのか、
どんな情報でも構いません。

よろしくお願いします。

回答の条件
  • 1人1回まで
  • 登録:2007/02/05 16:52:56
  • 終了:2007/02/05 20:56:40

回答(2件)

id:onedotzero No.1

onedotzero回答回数67ベストアンサー獲得回数32007/02/05 17:10:39

ポイント50pt

お互いPCがあり、インターネットにつながっている環境と仮定しての提案になりますが、

コミュニケーションツールを導入されてはいかがでしょうか。


無料で使える代表的なものとして、


Skype

http://www.skype.com/intl/ja/

音声チャットソフトです。

電話と同じ感覚で話ができるので、お勧めです。

PC同士であれば通話料金もかかりません。


MSNメッセンジャー

http://messenger.live.jp/

こちらは文字のチャットソフトです。

メールでもよいのですが、リアルタイムで

コミュニケーションが取れるので便利かと思います。

id:shoma22

すごいです。

参考になります!

試してみます!

2007/02/05 17:26:49
id:ssbi No.2

ssbi回答回数178ベストアンサー獲得回数42007/02/05 19:19:48

ポイント20pt

http://www.softbanktelecom.co.jp/blog/

↑このページからのブログですが↓

http://blog.softbanktelecom.co.jp/soho/2006/02/soho_10.html

メールやメッセンジャーを頻繁に利用するも、

コミュニケーションには限界がありました。

そこで1週間に2日くらい場所を決めて打合せを

実施することにしました。

結果、意思疎通の加速化にもつながり、

生産性も向上したと思います。

id:shoma22

参考になります。

ありがとうございます。

2007/02/05 20:56:17

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません