以下の内容の文章のURIを教えてください。

記憶が曖昧で申し訳ないのですが、おおよそこのような話でした。

アメリカのIT関連(シリコンバレー?)の長老的存在の方が昔あるソフトを注文したところ、緩衝材で包まれたフロッピーが届いた。彼はそうした梱包材に怒り狂い、「こうしたソフトとかは全部ネットを通じてやりとりされるようになるべきなんだ」と言った。

その方は予言者的存在で、彼が良いといったものは最初拒否されても10年くらい経つと結局彼の方が正しかったことになるという話もありました。

記事全体の趣旨はこのようなエピソードを織り込みながら、そうしたネット上でのソフトのやり取りが今では普通になってきているというものだったと思います。最近読んだように思うのでそれほど古い記事ではないと思います。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2007/06/09 16:47:28
  • 終了:2007/06/10 15:47:54

回答(2件)

id:felix2007 No.1

felix2007回答回数600ベストアンサー獲得回数42007/06/09 21:46:16

id:gamma_ut

うーむ、残念ながら質問したものとは大分異なるように思われます。

2007/06/09 23:10:26
id:bangohan No.2

bangohan回答回数770ベストアンサー獲得回数72007/06/10 07:19:15

ポイント46pt

↑「シリコンバレー  長老」で検索1位(爆)


ひどい


http://www.microsoft.com/japan/commerceserver/solution/developme...

id:gamma_ut

MS謹製Nさんのサクセスストーリーありがとうございます。しかし長老氏が出てきませぬ…。

名前ド忘れしてしまったのが悔やまれます。

2007/06/10 12:28:54
  • id:SALINGER
    ぱっと思いついたのはアルト研究所時代のアラン・ケイではないかと思いました。
    似たような話で、アラン・ケイは今のパソコンの原型を作った人で、当初親会社のゼロックス社からは理解されなかった。ゼロックスはコピー機の会社だからイーサネットで紙がいらなくなると困るから。
    同じくアルト研究所のイーサネット発明者と言われるメトカーフの方かもしれませんが。
    なにかの参考になればいいです。
    URIは見つからなかったのでコメントで失礼。
  • id:gamma_ut
    ありがとうございます。アラン・ケイだった気もしますが、なにかもう少し別の名前だった気も…。ただそのエピソードはそれはそれで面白いですね。

    思い出したので追加で情報を書きますと、たしか筆者がその長老とわりと長いつき合いで、目の前でその梱包をビリビリに破って怒るということがあって、それをエピソードとして織り込んだものでした。

    ブログよりはニュースサイト・IT情報系のサイトだった気がします。あやふやですが引き続きお願いします。
  • id:gamma_ut
    自己解決しましたので終了しました。

    出所はネットではなく、梅田望夫・茂木健一郎両氏の『フューチャリスト宣言』の一節でした。フロッピーと梱包材に激怒したのは94,5年頃に梅田氏が体験されたことで、長老はゴードン・ベル氏でした。(同書p.46f.) 正確には彼はフロッピーにも怒り、中身だけがPCにくるようになるべきなんだと言っていたということです。

    しかしなぜネットで読んだように思ったのだろう。記憶力が…。

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません