三島由紀夫は結婚していたんですか?

それとも生涯独身だったんですかね。

回答の条件
  • 1人1回まで
  • 登録:2007/08/20 06:11:17
  • 終了:2007/08/20 10:33:30

ベストアンサー

id:erijo No.2

erijo回答回数75ベストアンサー獲得回数62007/08/20 07:03:21

ポイント28pt

結婚していました。

1958年、三島33歳の時に、日本画家で文化勲章を受章した杉山寧の長女、瑤子(21)と結婚しています。

*夫人の平岡瑤子(三島由紀夫の本名は平岡公威)は、翻訳家として活躍し、 1995年に急性心不全のため東京都の自宅にて58歳で没しています。三島の「豊饒の海」最終刊「天人五衰」のカバー画を書かれています。下URLにはそのエピソードがあります。

http://y-kyorochann.at.webry.info/200705/article_7.html

2人の間には、息子と娘が1人ずついたと思います。

三島45歳、自決の年(1970年三島事件)の前年に、作家川端康成氏宛てに『小生に万一のことがあれば私が恐れるの死ではなく、家族の名誉です。自分が笑われる のは平気ですが、子供たちが笑われるのは耐えられません。どうか、世間の牙からお守 りください』と手紙を書いています。

娘さんはその後外交官夫人になりました。

その他の回答(3件)

id:kn1967 No.1

kn1967回答回数2915ベストアンサー獲得回数3012007/08/20 06:20:14

ポイント20pt

平岡 瑤子 さん

平岡瑤子 - Wikipedia

id:erijo No.2

erijo回答回数75ベストアンサー獲得回数62007/08/20 07:03:21ここでベストアンサー

ポイント28pt

結婚していました。

1958年、三島33歳の時に、日本画家で文化勲章を受章した杉山寧の長女、瑤子(21)と結婚しています。

*夫人の平岡瑤子(三島由紀夫の本名は平岡公威)は、翻訳家として活躍し、 1995年に急性心不全のため東京都の自宅にて58歳で没しています。三島の「豊饒の海」最終刊「天人五衰」のカバー画を書かれています。下URLにはそのエピソードがあります。

http://y-kyorochann.at.webry.info/200705/article_7.html

2人の間には、息子と娘が1人ずついたと思います。

三島45歳、自決の年(1970年三島事件)の前年に、作家川端康成氏宛てに『小生に万一のことがあれば私が恐れるの死ではなく、家族の名誉です。自分が笑われる のは平気ですが、子供たちが笑われるのは耐えられません。どうか、世間の牙からお守 りください』と手紙を書いています。

娘さんはその後外交官夫人になりました。

id:igoni No.3

igoni回答回数73ベストアンサー獲得回数22007/08/20 07:08:51

ポイント20pt

>> 私生活では、1958年に日本画家杉山寧の長女瑤子と結婚。

とあります。


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E5%B3%B6%E7%94%B1%E7%B4%8...

id:jump1 No.4

jump1回答回数216ベストアンサー獲得回数82007/08/20 09:28:11

ポイント22pt

結婚されていました。


昭和33年に画家の杉山寧の長女瑤子さんと結婚されています。

ちなみに太宰治の真似をして、先輩作家の川端康成の娘と結婚を考えたこともありましたが断られたというエピソードがありますね。

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません