鉱山からの排液が酸性であること、特に硫酸を含んでいるときに、環境に対してどのような悪影響があるか教えてください。科学的かつ確度の高い情報を求めます。

回答の条件
  • 1人1回まで
  • 登録:2008/11/09 12:28:55
  • 終了:2008/11/10 18:26:44

ベストアンサー

id:kappagold No.3

kappagold回答回数2710ベストアンサー獲得回数2482008/11/10 09:59:46

ポイント40pt

>酸がどのように動植物に悪影響を与えるのか、言い換えれば多くの動植物が環境のpHに敏感なのはなぜか、


極限環境下(強い酸性やアルカリ、または高温、低温などの状態)で生活するすべを獲得したものもいますが、今回の質問には合わないと思いますので、それらは除きます。

また、酸性雨の場合、土壌中のイオンが流れやすく土地が痩せやすいとか、色々な原因があるのですが、そのあたりについては、酸性雨の論文が色々と出ているのでそちらに譲ります。

一例として

http://agrinet.pref.tochigi.lg.jp/81_area-desaki/10_nousi/04_ken...


主原因は、通常の環境で生活している動植物の細胞活動は種々のタンパク質(酵素)によって支えられていて、その酵素の働けるpHの範囲が中性付近であるということが一番の原因です。

植物体が酸性の水分を取り込んで、細胞の環境が酸性になってしまうと、酵素が働けなくなって細胞が死滅してしまいます。


人間は食事として酸性のものを取り入れても血中に取り込まれる際に調整するのことが出来るので問題ありません。血液のpHは7.35-7.45の間に調節されています。調整機能を超える事態が起きた場合、血液 pH が 7.0 以下になると昏睡に陥り、7.7 以上になると痙攣を起こし、いずれも心臓が停止してしまうことになります。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A1%80%E6%B6%B2

id:spin6536

詳しい回答ありがとうございます。

2008/11/10 10:07:18

その他の回答(2件)

id:pascal7 No.1

pascal7回答回数582ベストアンサー獲得回数982008/11/09 14:14:31

ポイント27pt

鉱山がどれぐらいの廃液を出すかによって変わると思いますが

現実に「足尾銅山」とか「日立銅山」等の実例があるので

その資料を探れば良いと思います。

>環境公開講座 2000.3.14 酸性雨

>講師紹介 佐竹  研一 氏

http://www.sjef.org/kouza/envslect/envs_18b.html

中学とか(?)の教科書では単純に石灰を投入して中和したら良いと

言うような話だったと思いますが。

このURLではそんな単純な話ではないとなっています。

国内でも他の例があるようですし

海外でも同様な実例があるようです。


日本では米の生産量が落ちるとか

近隣の森林がはげ山になるとか

(もっといろんな影響があるでしょうけど)

発生しています。

id:spin6536

ありがとうございます。

酸がどのように動植物に悪影響を与えるのか、言い換えれば多くの動植物が環境のpHに敏感なのはなぜか、今後の回答で説明が得られるとうれしく思います。

2008/11/09 14:46:21
id:kappagold No.3

kappagold回答回数2710ベストアンサー獲得回数2482008/11/10 09:59:46ここでベストアンサー

ポイント40pt

>酸がどのように動植物に悪影響を与えるのか、言い換えれば多くの動植物が環境のpHに敏感なのはなぜか、


極限環境下(強い酸性やアルカリ、または高温、低温などの状態)で生活するすべを獲得したものもいますが、今回の質問には合わないと思いますので、それらは除きます。

また、酸性雨の場合、土壌中のイオンが流れやすく土地が痩せやすいとか、色々な原因があるのですが、そのあたりについては、酸性雨の論文が色々と出ているのでそちらに譲ります。

一例として

http://agrinet.pref.tochigi.lg.jp/81_area-desaki/10_nousi/04_ken...


主原因は、通常の環境で生活している動植物の細胞活動は種々のタンパク質(酵素)によって支えられていて、その酵素の働けるpHの範囲が中性付近であるということが一番の原因です。

植物体が酸性の水分を取り込んで、細胞の環境が酸性になってしまうと、酵素が働けなくなって細胞が死滅してしまいます。


人間は食事として酸性のものを取り入れても血中に取り込まれる際に調整するのことが出来るので問題ありません。血液のpHは7.35-7.45の間に調節されています。調整機能を超える事態が起きた場合、血液 pH が 7.0 以下になると昏睡に陥り、7.7 以上になると痙攣を起こし、いずれも心臓が停止してしまうことになります。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A1%80%E6%B6%B2

id:spin6536

詳しい回答ありがとうございます。

2008/11/10 10:07:18

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません