冬はマラソン大会の季節だと個人的に思っているのですが、


「走るときの呼吸法」「走るときの姿勢」「その他走るうえでの注意」
など基本的なところをうまく説明している、
専門の先生・教授・トレーナーの方についての情報を集めています。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2008/12/27 21:22:18
  • 終了:2009/01/03 21:25:03

回答(6件)

id:kinnoji7 No.1

kinnoji7回答回数3060ベストアンサー獲得回数752008/12/27 21:57:00

ポイント20pt

清水トレーナーのスポーツと姿勢の関係姿勢力

http://www.shiseiryoku.jp/pro/shimizu_c1.html

ランニングに効果的な呼吸法

http://runnet.jp/community/beginners/detail.php?_num=37

マラソンの呼吸法

http://blog.goo.ne.jp/webrunner/e/e7c56df569af5006e7a8433bd506b8...

id:pikupiku No.2

pikupiku回答回数3043ベストアンサー獲得回数732008/12/28 01:14:53

ポイント20pt

http://www.kisacon.jp/html/news/bouji/1194560817.php

元・女子マラソン選手の宮原美佐子さん(45)。

id:ex-0808 No.3

ex-0808回答回数749ベストアンサー獲得回数222008/12/28 05:16:57

ポイント20pt

http://sports.geocities.jp/shtaqg/02.html

さて次に走るときの呼吸法のトレーニングです。学生の頃を思い出すと「スースー、ハーハー」と2回づつ繰り返すような呼吸法を教えてもらった記憶がありませんか。これは正しい呼吸法とはいえません。

自然に「スー、ハー」と長めに呼吸をするとよいでしょう。特に注意したいのは、吸う息より吐く息を長くするという点です。走らない状態で、鼻から吸って、口から吐く呼吸法をトレーニングしてみて下さい。人間の肺は、どんなに息を吐いても吐き切れていないものです。

必ず肺の中に空気が残っていますから、よく吐き出さないと、次に入ってきた新鮮な酸素が薄くなってしまうのです。

これではいくら息を吸ったところでちっとも楽にはなりません。肺、腹筋を使って最後まで息を出し切れるようにトレーニングしましょう。

まずは吐くタイミングを素早く、勢いをつけて「ハッハッハッ」と吐く方法と、次に「ハーー」と長く吐く方法二つを練習してみて下さい。どちらも腹筋がかなり必要だということがわかるはずです。腹筋を鍛えることと、日ごろから腹式呼吸のトレーニングをしておくとよいでしょう。


id:sylphid666 No.4

sylphid666回答回数3302ベストアンサー獲得回数902008/12/28 08:33:23

ポイント20pt

小松崎 真さん

元プロトライアスロン選手。現スポーツトレーナー。

http://briller.ocn.ne.jp/special/09/page2.html

id:rsc96074 No.5

rsc回答回数4401ベストアンサー獲得回数4042008/12/28 17:26:29

ポイント20pt

 こちらはいかがでしょうか。

・長距離の練習を実践指導する 長距離トレーニング練習場「押久保塾」の案内

http://park6.wakwak.com/~oshikubo/

 また、下記URLにマラソン書籍を出した先生の一覧があります。小出監督もちゃんと載っています。

・マラソン書籍 書評

http://homepage1.nifty.com/silabel/marathon/book_review_marathon...

・参考

http://homepage1.nifty.com/silabel/marathon/running_method.html

id:masanobuyo No.6

masanobuyo回答回数4617ベストアンサー獲得回数782008/12/29 15:19:25

ポイント10pt

持久走(長距離走)の呼吸法や走り方33のコツ

http://jp.hintpick.com/topic/122


ランニングに効果的な呼吸法

http://runnet.jp/community/beginners/detail.php?_num=37


はいかがでしょうか。

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません