【江戸時代】に、【将軍】などの【下の世話】をする【公人朝夕人】の【土田家】について調べています。


【仕事の詳細】
【仕事が生まれた経緯】
【どんな人の世話をしてきたか】

などを知りたいのですが、この事に詳しい【書籍】を教えてください。

※信憑性が高ければサイトでも構いません。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2009/05/30 19:53:40
  • 終了:2009/05/30 20:03:19

回答(2件)

id:kinnoji7 No.1

kinnoji7回答回数3060ベストアンサー獲得回数752009/05/30 19:56:28

ポイント35pt

若年寄の支配に属し、将軍が束帯して外出の際、尿筒(しとづつ)を持って従う役。将軍が尿意を催したとき公人朝夕人はこの竹の筒を袴(はかま)の裾(すそ)から差し入れて、用が済むまで持っていた。当然、世襲でこの役を受けついだわけである。

http://www.viva-edo.com/yakusyoku.html

id:lancer13 No.2

lancer13回答回数2934ベストアンサー獲得回数682009/05/30 19:58:32

ポイント35pt

尿筒係の役人は「公人朝夕人」と呼ばれ、これは、“朝冬臭い公務を果たす人”という意味です。

http://homepage2.nifty.com/i-tetuya/12hitoe.htm

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません