リスティング広告で沢山のキーワードに広告を出すのと、SEO対策で沢山のキーワードを狙うのとは違いはあるのでしょうか?

例えば、複合キーワード「東京 世田谷区 不動産」でリスティング広告経由で来た人と、SEO対策経由で来た人との違いはあるのでしょうか?

回答の条件
  • 1人2回まで
  • 登録:2009/11/02 10:33:03
  • 終了:2009/11/03 17:22:02

ベストアンサー

id:tyousann No.3

tyousann回答回数1982ベストアンサー獲得回数542009/11/03 13:21:55

ポイント44pt

リスティング広告は即効性があり、自分でランク等も簡単にコントロールできますが、

SEOの場合には時間もかかりますし、複数のキーワードでの対策は難しいでしょう。

ただし、特に問題がなければ長期間にわたって効果がでますし、初期投資はかかっても

ランニングコストは低く抑えられるでしょう。

クリックする側としては

リスティング広告は一番上にあるので、(下の場合もあるが目立つところにある)

知らない人はここから選択するでしょう。

また、多少ターゲットと違っても、キャッチがきになりなんとなくクリックするでしょう。

そういう意味で、顧客の誘導率は高いと思われます。

一方SEOはその内容に近いものから出てくるので、

誘導された顧客が商品を購入する確率はこちらのほうが

高いでしょう。

それに広告の仕組みを知っている人は

リスティング広告は見ないですしね。

それぞれ一長一短がありますので、

具体的にどんな顧客に対して、

商品を提供するのかがわからないと選択は難しいですね。

どちらかというと、

浅く広く顧客を募集したいのであれば

リスティング広告は効果的だと思います。

絞り込んで一本釣りを狙うような場合には

SEOのほうが効果的でしょうね。

id:manekinekoo

ありがとうございます。

よくわかりました。

2009/11/03 17:21:41

その他の回答(2件)

id:lepremierpas No.1

lepremierpas回答回数1175ベストアンサー獲得回数412009/11/02 10:47:01

ポイント19pt

http://www.alphaseo.jp/seo-column/060711_234928.html

「自然検索1位」キーワードのリスティング出稿は無意味?

「有料検索と自然検索の特性の違い」であるが、“意図”を込められるか否かということと、“即時性”ということが違いとして挙げることができる。

まず、意図を込められるか否かという点について、自然検索では、ロボットのクローリングによって URL がインデックスされるため、検索クエリに対して意図した URL へ誘導できない場合があるが、リスティング広告に出稿することによって意図した URL にリンクさせることが可能になる。また、検索結果のタイトル・説明文を意図的に、迅速に変更できたり、商業的なタイトル説明文にしても不自然でない点もリスティング広告のメリットと言える(例えば、会社名のキーワードの検索結果において、自然検索結果のタイトル・説明文を商業的な文言にすることは難しいだろう)。

即時性という点については、自然検索においては検索エンジンのロボットが Web サイトをクロールし、インデックスされるまで検索結果が変化しないが、有料検索においては媒体へ掲載内容の変更申請をかければ迅速に変更を行うことができる。

さらに、誘導数の面においても、有料・自然検索の両者に表示させることは決して無駄ではない。例えば、自然検索結果の上部に4枠のリスティング広告が表示されていた場合、自然検索の結果を見る前に広告をクリックするユーザーも少なくないと考えられる。よって、誘導数を最大化するためには自然検索結果で上位に表示されていたとしてもリスティング広告を出稿する意味はあると言える。無論、広告を読み飛ばして自然検索結果から見始めるユーザーも存在するため、リスティング広告さえ出稿しておけば問題ないというわけではなく、キーワードのクリック単価や SEO の施行費用に対してどの程度の誘導とコンバージョンを獲得できるかという費用対効果とのバランスを検討する必要はあるが、有料検索・自然検索のメリット・デメリットを理解した上でキーワードの運用を行っていこう。

id:manekinekoo

ありがとうございます。

2009/11/02 10:54:55
id:palo No.2

palo回答回数124ベストアンサー獲得回数142009/11/02 11:54:14

ポイント19pt

「リスティング広告経由で来た人と、SEO対策経由で来た人との違い」

というのは、クリック後のサイト上での行動の違いや、

コンバージョン率の違いという意味でしょうか?

 

たとえば「ダイエット」というキーワードを検索する人でも、

下のようなさまざまなタイプの人がいるかと思います。

(a) ダイエットに関する客観的な情報を探している人

(b) お目当てのダイエット食品を買おうとしている人

 

検索後にリスティング広告をクリックする人は、

下のような傾向が強いかもしれません。

(1) 検索結果と広告の違いを意識しないでクリックした

(2) リスティング広告のキャッチコピーに惹かれてクリックした

 

(b)のタイプの人の方が、リスティング広告をクリックする率が高そうです。

キーワードにもよるでしょうが、行動の違いはありそうですね。

id:manekinekoo

ありがとうございます。

お目当ての商品がある場合、先にリスティング広告をクリックするということでしょうか。

2009/11/02 12:01:37
id:tyousann No.3

tyousann回答回数1982ベストアンサー獲得回数542009/11/03 13:21:55ここでベストアンサー

ポイント44pt

リスティング広告は即効性があり、自分でランク等も簡単にコントロールできますが、

SEOの場合には時間もかかりますし、複数のキーワードでの対策は難しいでしょう。

ただし、特に問題がなければ長期間にわたって効果がでますし、初期投資はかかっても

ランニングコストは低く抑えられるでしょう。

クリックする側としては

リスティング広告は一番上にあるので、(下の場合もあるが目立つところにある)

知らない人はここから選択するでしょう。

また、多少ターゲットと違っても、キャッチがきになりなんとなくクリックするでしょう。

そういう意味で、顧客の誘導率は高いと思われます。

一方SEOはその内容に近いものから出てくるので、

誘導された顧客が商品を購入する確率はこちらのほうが

高いでしょう。

それに広告の仕組みを知っている人は

リスティング広告は見ないですしね。

それぞれ一長一短がありますので、

具体的にどんな顧客に対して、

商品を提供するのかがわからないと選択は難しいですね。

どちらかというと、

浅く広く顧客を募集したいのであれば

リスティング広告は効果的だと思います。

絞り込んで一本釣りを狙うような場合には

SEOのほうが効果的でしょうね。

id:manekinekoo

ありがとうございます。

よくわかりました。

2009/11/03 17:21:41

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません