私の会社は、税金が貯まっています。この会社をなくして、新しい会社でスタートしたいのですが、税金は払わなくていいでしょうか。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2010/01/16 12:16:19
  • 終了:2010/01/20 13:03:26

ベストアンサー

id:suppadv No.3

suppadv回答回数3552ベストアンサー獲得回数2682010/01/16 13:17:16

ポイント50pt

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1422038...

租税債権は、非免責債権の典型であり(破産法253条1項1号)、免責後も、破産した株式会社の法人税や消費税は存続します。

但し、下記の条件が全て満たされているような場合には、会社財産は皆無であり、徴収の可能性はなくなりますので、滞納処分の執行停止(国税徴収法153条1項1号)をして、滞納に係る法人税や消費税を直ちに消滅させる(不納欠損にする)ことができます(同条5項)

・破産管財人による配当が全て終了して破産が終結していること。

・破産以外に担保権実行による競売手続(これは別除権の行使として破産外で認められます。)が係属している場合には、配当が結了していること。

・破産手続開始決定前に滞納処分としての差押に着手している場合には、破産手続開始決定後、換価(取立又は公売)のうえ配当(滞納国税への充当)が完了していること。

・役員等の納税保証がなく、役員等に第二次納税義務を課する要素がないこと。

id:perule

ありがとうございます。

2010/01/16 13:45:18

その他の回答(8件)

id:horonict No.1

horonict回答回数257ベストアンサー獲得回数512010/01/16 12:52:13

ポイント16pt

納税は最優先です。

会社が倒産しても納税義務は免れません。


税金を滞納したまま会社を整理・精算しようとすると、清算人に第二次納税義務が発生します。

http://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/tsutatsu/kihon/cho...

id:perule

ありがとうございます。役員が払うのでしょうが。

2010/01/16 13:41:44
id:mare_caldo No.2

mare_caldo回答回数205ベストアンサー獲得回数532010/01/16 13:12:53

ポイント16pt

もちろん、払う必要があります。


国税徴収法により、自分以外の他者の税金を払わなければならない場合が定められています。これを第二次納税義務といいますが、おそらく34条の清算人、38条の事業を譲り受けた特殊関係者あたりに該当するでしょう。税金を滞納している会社を清算するのであれば、清算人がなくなった会社の税金の納税義務を負うことになります。そのままにしておくのであれば、当然、会社の財産が差し押さえられることになりますし、それで足らなければ、新しい会社が納税義務を負うことになります。


http://law.e-gov.go.jp/cgi-bin/idxselect.cgi?IDX_OPT=1&H_NAME=%8...

id:perule

ありがとうございます。

2010/01/16 13:44:21
id:suppadv No.3

suppadv回答回数3552ベストアンサー獲得回数2682010/01/16 13:17:16ここでベストアンサー

ポイント50pt

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1422038...

租税債権は、非免責債権の典型であり(破産法253条1項1号)、免責後も、破産した株式会社の法人税や消費税は存続します。

但し、下記の条件が全て満たされているような場合には、会社財産は皆無であり、徴収の可能性はなくなりますので、滞納処分の執行停止(国税徴収法153条1項1号)をして、滞納に係る法人税や消費税を直ちに消滅させる(不納欠損にする)ことができます(同条5項)

・破産管財人による配当が全て終了して破産が終結していること。

・破産以外に担保権実行による競売手続(これは別除権の行使として破産外で認められます。)が係属している場合には、配当が結了していること。

・破産手続開始決定前に滞納処分としての差押に着手している場合には、破産手続開始決定後、換価(取立又は公売)のうえ配当(滞納国税への充当)が完了していること。

・役員等の納税保証がなく、役員等に第二次納税義務を課する要素がないこと。

id:perule

ありがとうございます。

2010/01/16 13:45:18
id:winbd No.4

winbd回答回数1050ベストアンサー獲得回数432010/01/16 16:06:25

ポイント16pt

会社の資産が完全にゼロの状態で、なおかつ二次納税義務のある役員が存在していなければ支払わなくても大丈夫です。

http://q.hatena.ne.jp/1263611778

id:perule

ありがとうございます。資産は0ですが、借金はたくさんあります。

2010/01/16 16:37:28
id:ayakasi08 No.5

ayakasi08回答回数172ベストアンサー獲得回数62010/01/16 16:53:07

ポイント16pt

税金は払わないと駄目です。

悪質だと、逮捕されます。

http://q.hatena.ne.jp/answer

id:perule

ありがとうございます。

2010/01/16 17:53:57
id:taka8804 No.6

taka8804回答回数6ベストアンサー獲得回数02010/01/16 20:16:14

ポイント15pt

http://www.nta.go.jp/taxanswer/shohi/6141.htm

納税は会社が倒産しても免れる事は出来ないようです。

id:perule

ありがとうございます。

2010/01/16 20:25:09
id:sumike No.7

ミケ回答回数379ベストアンサー獲得回数252010/01/16 23:07:16

ポイント15pt

http://www.yagasaki.co.jp/yagasakiblog/2006/09/post_73.html

会社が倒産しても、税金の請求はきます。

倒産させて、資産がまったくなく、払えないということがわかるまでは、延々と督促状や催告書がきますが、ない袖が振れないことはわかっているので会社消滅後しばらくして回収困難で不能欠損になるかとは思います。

(きちんと支払っている方からすれば不公平きわまりないですがーー;)

財産が残っているようであれば、差し押さえなどをされる場合もあるでしょうが、今回はないということですので。

新しい会社を興した暁には、給料と税金を払えるように祈っています。

http://www.soshikisaihen.com/scheme/organization.php(こんな技もあるようですが・・・)。

id:perule

ありがとうございます。役員のところに来るのでしょうか。

2010/01/17 13:37:18
id:tamu_sige No.8

tamu_sige回答回数18ベストアンサー獲得回数02010/01/18 21:30:04

ポイント15pt

税金は払わないといけませんね。

http://q.hatena.ne.jp/answer

id:perule

ありがとうございます。

2010/01/20 13:00:34
id:vodkam No.9

vodkam回答回数50ベストアンサー獲得回数12010/01/19 02:20:04

ポイント15pt

もちろん払わなければダメですよ。

こちらを参考になさってください。

http://www.houko.com/00/01/S34/147.HTM

id:perule

ありがとうございます。

2010/01/20 13:02:13

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません