飼料の分析を行っているのですが、窒素分析の際、ケルダール分解装置から発生する硫酸ガス、アミノ酸分析の前処理の際、過ギ酸分解で発生する過ギ酸、この両方を現在簡易的なドラフトで囲み直接野外に排気しているのですが、何か環境要因・労働環境要因等問題があるのでしょうか?ご存知の方いらっしゃれば参考文献・URL等添えつけにてご教授をお願いいたします。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人1回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2010/12/09 20:49:01
  • 終了:2010/12/16 20:50:03

ベストアンサー

id:suppadv No.1

suppadv回答回数3552ベストアンサー獲得回数2682010/12/09 21:41:55

ポイント60pt

>簡易的なドラフトで囲み直接野外に排気

スクラバーとかで、少なくとも水溶性のものを除外するようなシステムもついていない物でしょうか。その程度のシステムも無ければ、何らかの対策が必要かと思います。

公害になる程の量とは考えられませんが、(20~30年前なら問題は無かったと思いますが)車一台一台の排気ガスも規制をかけてクリーンにしている現状を考えれば、環境汚染と言われても仕方ありません。

野外に出しているということであれば、室内の労働環境は大丈夫だとは思います。

以下のURLを参考にされてはいかがでしょうか

http://www.eic.or.jp/qa/?act=view&serial=16014

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません