演劇で開演前の舞台で役者さんがあれこれやっているという芝居を最近よくみかけます。

私が一番はじめにみたのは、
蜷川幸雄「コースト・オブ・ユートピア」でしたが
ほかには、
青年団「革命日記」
ミナモザ「エモーショナルレイバー」
宮本亜門「金閣寺」
などでその事例があるんですが、
①そのルーツ
②演出家が狙っている効果
③この手法を得意とする方
④実際ご覧になっての感想(回答される方の意見)
をお教えいただけますでしょうか。
尚、東京セレソンデラックスが開演前に役者さんが出てきての寸劇ちっくに「開演前のお願い」をするものは除いての回答でお願いいたします。

回答の条件
  • 1人10回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2011/02/19 14:07:42
  • 終了:2011/02/26 14:10:02

回答(0件)

回答はまだありません

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません