英国と米国の事情その他を教えて頂けませんでしょうか。

私は英会話の学校に通っています。
そこで疑問なことがあります。
英国の先生に対して米国の先生は社会的というか文化的というかな劣等感を持っている気がします。
英国の先生が遠くにいるのが分かると米国の先生は遠くに向けて「Fuck You!」をやります。
なぜなのか分かりません。

韓国の方が「日本猿」、といったりするのと似た感情なのかなと想像はしていますが、
米国の先生に詳細を尋ねるのは失礼かと思うため、
黙って見過ごすなり聞き過ごすことにしています。

そこでこのような情報に強い方からご教示願えればと思い質問させて頂きました。

全く別の国で類似の話があれば詳細と共に教えて頂けると尚幸でございます。

どうぞ宜しくお願い致します。

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2011/06/21 07:42:39
  • 終了:2011/06/25 11:25:35

ベストアンサー

id:papavolvol No.1

papavolvol回答回数1074ベストアンサー獲得回数1982011/06/21 11:11:42

ポイント100pt

言葉を学ぶというのは、単に単語や文法を学ぶのではなく、その国の人たちの考え方や文化や習慣を含めて勉強しないと実際に使えませんよね。

アメリカとイギリスとでは、発音以外に、つづりや単語の使い方や言葉の言い回しがけっこう違っています。

文化や習慣というと、もっといろいろ違っています。

  

例を挙げましょう。

アメリカとイギリスではフォークとナイフの使い方が違います。

イギリスではコンチネンタルスタイルと言って、左手にフォーク、右手にナイフの姿勢を貫きます。食べ物はフォークを挿すかフォークの背に載せます。

アメリカンスタイルは、左手にフォーク、右手にナイフを持って食べ物を切ると、ナイフを置いてフォークを右手に持ち替えます。食べ物は右手に持ったフォークですくいます。

イギリス人は自分はコンチネンタルスタイルで食事をしますが、アメリカンスタイルを間違った作法だと決め付けます。誰もが必ずそうだとは言えませんが、その傾向はかなり強いと私は感じています。

アメリカ人は自分はアメリカンスタイルで食事しますが、イギリス人がどのように食べるのかを知っていて尊重します。時には冗談のネタにすることもありますが。

  

私の想像ですが、質問者の方の英会話学校でイギリス人教師はアメリカ人教師に対して、常に自分のイギリス流が正式で、アメリカ流は間違っていると決め付けるので、アメリカ人教師は頭にきている可能性もあります。

イギリス人教師も、アメリカ人教師も、英語という言語と母国の文化や風習を、生徒たちに熱意を持って教えているわけです。イギリス人教師は自分の生徒にはイギリス英語を話し、イギリス人の習慣を身に着けて欲しいと思っているでしょう。アメリカ人教師は自分の生徒にアメリカ英語とアメリカ文化をプライドと熱意を持って教えているのです。

アメリカ人教師は質問者の方に、鼻持ちならない人に対してアメリカ文化ではどのように反応するのかを見せてくれたのかもしれませんね。

id:doa165

回答をありがとうございます。

外国語は同じ言葉でも土着の文化とかを知らないと安直に話してよいのか分からず、敢えて知りたくても聞かない場合があります。

ところでコンチネンタルスタイルとアメリカンスタイルというのは初めて知りました。先生と生徒が一緒に食事に出掛けることは禁止事項らしいので、食事のマナーやスタイルについては聞いたことがありませんでした。

それから僕としてはアメリカ人教師がイギリス人教師のみならず生徒の日本人にも、アメリカが正しいと主張している感があり威圧的です。対してイギリス人教師は少しでもアメリカ人に歩み寄れればと思っているようです。下の方に1~2人を見て…とありますが、殆ど変わらないにせよ19~20人くらいを見て痛切に感じたことです。

ただ40歳以上の教師に質問したところ、あるイギリス人教師が良く一緒に遊ぶのはアメリカ人教師で、あるアメリカ人教師が良く一緒に遊ぶのはイギリス人教師と答えてくれました。

2011/06/22 01:25:45

その他の回答(2件)

id:papavolvol No.1

papavolvol回答回数1074ベストアンサー獲得回数1982011/06/21 11:11:42ここでベストアンサー

ポイント100pt

言葉を学ぶというのは、単に単語や文法を学ぶのではなく、その国の人たちの考え方や文化や習慣を含めて勉強しないと実際に使えませんよね。

アメリカとイギリスとでは、発音以外に、つづりや単語の使い方や言葉の言い回しがけっこう違っています。

文化や習慣というと、もっといろいろ違っています。

  

例を挙げましょう。

アメリカとイギリスではフォークとナイフの使い方が違います。

イギリスではコンチネンタルスタイルと言って、左手にフォーク、右手にナイフの姿勢を貫きます。食べ物はフォークを挿すかフォークの背に載せます。

アメリカンスタイルは、左手にフォーク、右手にナイフを持って食べ物を切ると、ナイフを置いてフォークを右手に持ち替えます。食べ物は右手に持ったフォークですくいます。

イギリス人は自分はコンチネンタルスタイルで食事をしますが、アメリカンスタイルを間違った作法だと決め付けます。誰もが必ずそうだとは言えませんが、その傾向はかなり強いと私は感じています。

アメリカ人は自分はアメリカンスタイルで食事しますが、イギリス人がどのように食べるのかを知っていて尊重します。時には冗談のネタにすることもありますが。

  

私の想像ですが、質問者の方の英会話学校でイギリス人教師はアメリカ人教師に対して、常に自分のイギリス流が正式で、アメリカ流は間違っていると決め付けるので、アメリカ人教師は頭にきている可能性もあります。

イギリス人教師も、アメリカ人教師も、英語という言語と母国の文化や風習を、生徒たちに熱意を持って教えているわけです。イギリス人教師は自分の生徒にはイギリス英語を話し、イギリス人の習慣を身に着けて欲しいと思っているでしょう。アメリカ人教師は自分の生徒にアメリカ英語とアメリカ文化をプライドと熱意を持って教えているのです。

アメリカ人教師は質問者の方に、鼻持ちならない人に対してアメリカ文化ではどのように反応するのかを見せてくれたのかもしれませんね。

id:doa165

回答をありがとうございます。

外国語は同じ言葉でも土着の文化とかを知らないと安直に話してよいのか分からず、敢えて知りたくても聞かない場合があります。

ところでコンチネンタルスタイルとアメリカンスタイルというのは初めて知りました。先生と生徒が一緒に食事に出掛けることは禁止事項らしいので、食事のマナーやスタイルについては聞いたことがありませんでした。

それから僕としてはアメリカ人教師がイギリス人教師のみならず生徒の日本人にも、アメリカが正しいと主張している感があり威圧的です。対してイギリス人教師は少しでもアメリカ人に歩み寄れればと思っているようです。下の方に1~2人を見て…とありますが、殆ど変わらないにせよ19~20人くらいを見て痛切に感じたことです。

ただ40歳以上の教師に質問したところ、あるイギリス人教師が良く一緒に遊ぶのはアメリカ人教師で、あるアメリカ人教師が良く一緒に遊ぶのはイギリス人教師と答えてくれました。

2011/06/22 01:25:45
id:suppadv No.2

suppadv回答回数3552ベストアンサー獲得回数2682011/06/21 22:06:43

ポイント100pt

近い国同士がお互いに嫌っているというのは良くあることです。

アメリカとイギリスでは、やはり、文化的な背景があって、お互いにバカにしているようなところはあるようです。


http://www.asahi-net.or.jp/~pb6m-ogr/ans060.htm

イギリス人とフランス人はアメリカ人が嫌いなようです

アメリカ人嫌いはフランス人のほうがイギリス人よりひどいようで、アメリカ人がパリに行くと、カフェで硬くなったパンを出されたり、いろいろ意地悪されるそうです。イギリス人は口で(陰で)批判はするけれど、そういう意地悪はしないのではないかと思います。

ヨーロッパから見ると、アメリカはもともと植民地だったのにすっかりのし上がってしまったので、成り上がりの田舎者、というイメージが強いのです。洗練されていない、電車の中でも声高にしゃべる、やたらと買い物しまくる、どこに行ってもマクドナルドのハンバーガーを食べる、等がよく聞かれる批判です。

id:doa165

こんばんは。回答をありがとうございます。

近い国同士が…というのは正にそう思います。

日本と韓国と中国は、それぞれ違った主張をしていると思います。

そして実は前々から疑問だったのが、

フランスはカトリックが中心なのに、自由の女神を、プロテスタントが中心のアメリカに贈呈したのか、でした。

この件は他で調べてみようかなと思います。

それから、アメリカ人はイギリス人より…ん~田舎っぽい…なのかなぁ。

スーツが似合う男性は居ますが少ないです。

ただ、アメリカンジョークが笑えるという評価点はあります。

2011/06/22 02:50:54
id:papavolvol No.3

papavolvol回答回数1074ベストアンサー獲得回数1982011/06/22 13:15:05

欧米に比較して均質だと思われている日本人でもひとりひとり考えや好みは違います。アメリカ人イギリス人と国籍だけで人間性を決め付けてはいけませんね。

 

アメリカでしばらく仕事をして、イギリスに移動して仕事をしていると、イギリスは時代遅れでいろいろ不便だなと感じることが多いような気がします。

数年前までは、イギリスの文化や歴史に触れたい高尚な人はイギリス英語を学べば良いが、実用性ではアメリカ英語しかないと思っていました。実際にイギリスに行く機会やイギリス人と仕事をする機会は少ないけれど、アメリカ人やアメリカ発の技術やサービスとかかわることはビジネスでもそれ以外でも避けて通れないからです。

 

最近、事情が変わってきました。日本ではビジネスの世界でインド、シンガポール、香港の存在感が急激に高まってきたのです。インド英語、シンガポール英語、香港英語は、それぞれアメリカ英語ともイギリス英語とも全く違う言語ですが、少なくともイギリス英語をベースに発生した言葉です。

 

さて、本題に戻ります。アメリカ人は時としてストレートです。また、時としてとても底抜けに明るいです。だからご質問のそのアメリカ人のそのイギリス人への態度が、ボケと突っ込み的な好意的冗談なのか、そのアメリカ人からそのイギリス人への怒りを明るくストレートに表現したのか、普段から注意深く観察しないと分からないかもしれないですね。

id:doa165

おはようございます。

ストレートで気性が荒いと感じる先生はカナダの先生が断トツだと思います。

アメリカの先生にはストレートで気性が荒いのだろうと思う先生はいます。

ただイギリスの先生もストレートで気性が荒いのだろうと思う先生はいます。

この話はオーストラリアの先生もニュージーランドの先生も少なからずある感じがします。

頂いた回答についてですが、

アメリカ人のイギリス人への態度は好意的冗談ではなく、

アメリカ人がイギリス人に明るくストレートに表現したものでもありません。

ストレートに表現するのではなく、遠くにいるイギリスの先生の背中に向けて中指を立てます。

ただ他の回答への返信に書いたのですが、

40歳とかを越えた大人の先生は国籍を気にしないようです。

なので国民性はあっても35~40歳位の年齢になると"小さな拘り”なのだと思ったりします。

最終的に真実は僕が思ったこととなりそうですが、

そのための参考意見を聞かせて頂いているというのが現状でございます。

2011/06/23 11:55:16
  • id:seble
    イギリス人は冷酷、アメリカ人は傲慢、日本人は卑怯。
    Oh,MyGod
    汝、神の名をみだりに口にすべからず。
    fuckyouは個人的な問題じゃないの?
    1人か2人だけを見て2億人の国民性を判断するのは間違いかと、、
    (お前モナ?がはは)
  • id:papavolvol
    前回、イギリス人のコンチネンタルスタイルのフォークとナイフの使い方と、アメリカ人のアメリカンスタイルのフォークとナイフの使い方について書きました。
    イギリスとアメリカの話をする時に、紅茶の話は避けて通れないでしょう。
    アメリカがイギリスの課税に不満を持って、ボストンで紅茶を海に投げ捨てて、独立戦争になったのですから。
     
    イギリスでレストランで食事をすると、紅茶はティーポットに入って出てきます。ミルクティーとレモンティーのチョイスはありません。ホット紅茶に温めた牛乳をいれて飲むのがイギリスで「ティー」と呼ばれている飲み物だからです。

    アメリカのレストランでは「アイスティー」が好んで飲まれます。注文すると食事の前に持って来られ、食事と供に飲みます。巨大なグラスにあふれんばかりに注がれています。必ずおかわりは何杯でも無料です。
    ミルクティーとレモンティーのチョイスはありません。アメリカでは「アイスティー」と言えばレモンティーと決まっています。気の利いたレストランだとフレーバーティーが選べますが、全てレモンティーであることには変わりはありません。
    アメリカのレストランでも、食後の飲み物のコーヒーを紅茶に変更できます。
    アイスコーヒーは選べません。アメリカで単に「コーヒー」と言えばホットコーヒーです。だからアメリカ英語にはホットコーヒーという言葉はありません。
    紅茶を選択すると、アメリカではかなりフォーマルなレストランでも必ずティーバッグが出てきます。気の利いたレストランでは何種類かのティーバッグが入ったバスケットが出てきます。お好きなティーバッグをお使いくださいというわけです。
    温めた牛乳とレモンが選択できることもあります。日本のように「コーヒーフレッシュ」を紅茶にいれることはありません。
     
    「コーヒーフレッシュ」については、過去に私のハワイ旅行のブログで書きました。よろしければぜひご覧ください。
    http://blog.livedoor.jp/papavolvol/archives/51394361.html
  • id:doa165
    NO.1の方をベストアンサーにしようとしたら、
    よく見るとNO.1とNO.3の方が同じ方でした。
    NO.3の意見にある「アメリカ人イギリス人と国籍だけで…」というのは、
    このサイトを通じて質問する意義が何なのかということからNO.2の方をベストアンサーにしようとしました。
    ところが、NO.1の方のコメントが大切な情報と判断してNO.1の方とNO.2の方を同じポイントとしながらも、NO.1の方をベストアンサーとさせて頂きました。貴重なご意見を有難うございました。

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません