伊藤博文と、大久保利通がいた場合、日本のお札に伊藤博文がなる理由は簡単ですか。詳しい方がおられたら教えて下さい。

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2011/07/13 23:42:39
  • 終了:2011/07/20 23:45:02

回答(0件)

回答はまだありません

  • id:reiya-0330
    初代総理大臣だからじゃないでしょうか        詳しくなくてすいません。
  • id:takokuro
    伊藤博文には自分の判断力で決断してきている実質的な政治家としての側面がありますが・・
    大隈重信の場合は・・
    西郷どんが下野したあと、
    結局は組織に囲まれ、生きてるがごとくに成りすましが立ち回って、
    大勢の善意の人をうごかし、死に至らしめ・・?!
    明治維新というときを迎えている・・

    だから・・西郷ドンの写真が残されていない・・
    なお・・西郷どんの征韓論とは
    韓国へ自分が行って話し合うと必ず、合意点がみつかるし、
    間に入ってる偽者や情報を交錯させている人物を介さずに
    直接交渉するほうが手っ取り早いと考えた・・
    が・・これも・・明治帝の事務を行ってる者たちが天皇名で制止させている・・

    そういうどうにもこうにもならない窮地に立ったときに
    西郷勢の民主主義勢がつかったのが・・
    大隈重信・・大熊とは、ヒグマのこと・・満人系ということを名前につけたのではないか・・??
    自分の意見を通すよりも
    言われたことを実行する人??・・??
    代弁者として政治家の立場に立てられた人物である側面を考えると・・
    自分で判断した人物ではないからこそ・・
    一貫性がない・・???
    なお・・大隈言道氏(清原氏)が60歳?頃・・
    大塩平八郎の乱の時期に
    実は大阪にでてきているが・・そのまま、福岡へ帰省し
    その頃、佐賀藩士の大隈家に重信が誕生したことになっている・・!?

    大熊って・・月の倭熊に対し、日熊・・・
    本当は、満人系の人だったのかもしれない??

    満人と言うと・・
    漱石は、大変、親しみを持ちつつ畏敬の念と
    動作に?集中し黙々と仕事を続けるなめらかな所作の美しさに打たれて
    言葉を失ってしばらく、見とれている・・
    漱石の心に、世代を超えた仲間にやパートナーに出会えた感動で
    信頼と尊敬?仲間意識でもって感慨にふけってる様子が見受けられる・・??
    英語がお得意という漱石の兄たちや
    大学受験準備に必須の英語よりも前に
    漢文の塾に入って、満州時代活躍する仲間たちと
    青年時代をすごしている・・
    漱石の横顔からして
    彼自身が実は満人と欧人との混血だったのではないか??
    そもそも、混血すうrことで遺伝的有利を求め?
    統一教会のように国際的に広げてしまうと・・
    実は大自然のいざと言う時の
    リスク回避にされていた多様性が失われてしまう・・
    第一、同じ価値だから心通じることがあるというのに、
    無理して人為的に異文化と混血するのは
    余程、周囲の条件がそろっていない限りにおいて
    不都合が多いことを思う・・
    (その結果が新人類だったり・・育児拒否では・・苦笑)
    だから・・本来、避けるのが自然だとおもうのですが・・
    どうも・・ユダヤ人といわれる特定の人達、満人も同じく・・
    4000年以上も前から、
    すうっと!西欧の古代ギリシア神道系の大自然と民主主義社会を理想とし、
    自然科学をマクロで統合的に見つめる研究がさかんな文化を発達させ
    極東の倭国の神道社会までサポートするのに
    かなり大昔からアジア通じて存在・・??活躍してくれていたのではないか??

    漱石の愛弟子・・芥川は漱石死後、「さまよえるユダヤ人」の資料を集めている・・
    漱石は芥川にこれからは、「万歳」だとかわけの分からないことを言ってる・・??
    これまでは、「千」が使われてきたが
    「満」にかけて万の時代という意味なんだろうか??・・??
    ひょっとすると?
    千家の代々にも実は満人のような活躍をする場であったのかもしれない??
    漱石の表現尾満人の姿を思い浮かべると、昭和40年代ごろまでの永平寺の修行僧の動きや
    真崎君の動きが目に浮かび、
    お茶の千家の修行は長く、その所作の修行通じて
    様々な話題がもたらされ
    傲慢を嫌うことや・・どうも・・利休百種・・(本来は千利休ではなく、
    津田宗達親子がサポートしていた時代には
    田中与四郎ことただの利休だったこと・・
    苗字がない分、ユダヤ人文化の仕事人という感じでは??使徒??
    お茶席通じて会合していたのではないだろうか??

    漱石の心をかけた弟子はきっと芥川だったのを思う・・?!?
    彼が作家と言う職業が
    出版界の資本に左右され
    当たり外れの多い職業で結婚を躊躇してるのを見透かして
    漱石は朝日新聞のエッセイストとして芥川を紹介している・・
    その時の芥川の喜びようは、日本人らしい思わず笑みがこぼれてしまいそうな素朴なもの・・
    彼は非常に家族思いで・・
    でも・・華僑系のようなレディーファーストや誕生祝いなど愛情の印のようなことは倦む・・
    彼は家族の為に良く働き・・
    とても作家としての名士たる生活や態度は見つけられない・・
    そんな彼が家族を置いて自殺をするはずがない・・
    遺言も別人が書いたのではないだろうか??・・??
    200人連続自殺事件のきっかけになった藤村操氏の遺言というのは
    筆跡が分からないように木に彫り付けている・・
    実は漱石の長女・筆子を略奪婚し、
    漱石と寅彦の資料合切を管理して伝記を作ったものの・・
    寅彦がドイツへ留学した時期の2年間が消されていたり・・
    送った手紙はあちこちで見つかるが
    書き損じや来た手紙が少なすぎること・・
    M41年に漱石がかたったとしている「正岡子規」は
    すでに子規の周囲にとりついていた高麗系が管理してる「ホトトギス」に出されているし
    (つまり・・言葉の様子や口調が漱石らしくない)
    同じことが・・M39年の「落第」に対し・・偽者くさい?というのが
    M42の「私の経過した学生時代」・・笑!?
    漱石の父は幕府に招聘された探偵のような仕事をしていて・・
    その後も・・漱石の引っ越し先や鴎外の引っ越し先など
    有機的なリンクがあり・・偶然とはありえないと思う得える・・
    さて・・近衛氏と漱石とは同年うまれで
    上記のM42年末にベルギー王が亡くなると・・
    高麗系の活動が日本国内でも活発になってきたひとつの表れではないか??
    明治帝崩御の前・・
    維新の史料編纂がされ南朝を正当としているそうだ
    日本は韓国を併合し、朝鮮としているそうだ・・
    漱石はシーボルトの末裔のイネという女性の娘?末裔に会えるというので
    伊豆修善寺温泉にでかけ
    彼女が盛んに漱石に二号さんとして関係を持とうともするので
    お客としてではなく、友達としてお付き合いするなら喜んでという手紙を送っている・・
    この旅行で激しく吐血し夫人が駆けつけてきて
    しばらく、数ヶ月?療養し、帰ったのだったと思う・・??
    また、伊藤政権が成立した時には・・
    どうも・・旧帝国ホテル(伊藤首相らが使った鹿鳴館に隣接、でも・・
      江戸期に倒幕活動をしていた外国奉行だったのが鹿島則文のひいじじ?
      彼の父は失脚するとすぐに武士を捨て鹿島神宮の宮司として婿入りしている
      その孫が鹿島則文で
      旧帝国ホテルを建設工事担当したのが
      鹿島建設・・
      昭和期には大正製薬の伊豆熱海や比叡山荘など
      また、統一教会の文鮮明氏は早稲田の実業学校に入学し
      半年だかで資格を取り、
      鹿島建設のソウル支店に就職している・・
      どうも・・鹿島工事中に関東大震災の仕掛け?をしたのではないか・・??
      当時の早川徳治氏の体験談はまるで広島の原爆の体験談と同じところが
      あります・・つまり・・とうじすでに!寅彦らの研究により・・
      寅彦もすき好んでしていたのではなく・・
      菊池所長や当時の東大教授の指示もあり
      そして、日本を破壊しようとする人達の最先端技術の場にあることで
      いち早く、情報を知ることができる??・・??ってことではないだろうか・・??
      なお・・寅彦は高知の山もちの旧家だそうですが
      両親が亡くなった時にさっさと、売り払って縁を切ってる・・
      漱石が当時、探偵の立場もあり、四国に大変、関心を持っていて
      事実、鹿島則文が伊勢宮司になったときには
      高麗系の漢文漢詩の集いが伊勢神宮で定期的に集まっている・・
      鴎外も当時の詩人たちが実は工策活動をしてる人達の集いでもあったことから
      観潮亭??だったか陸軍軍医総監をやめるとすぐに、
      文学通じ、図書館で書籍の保護をしたり
      江戸期の武漢を調べたり、大塩平八郎の乱の顛末を記録している・・
      おそらく・・当時の戦争がもし、日本が敗戦することになると
      歴史改ざんがされることが必至と見てのことに思える・・
      その時に、日本の詩人と高麗系の在日の詩人たちを招いたりしている)

      旧帝国ホテル設立に投資した中に大蔵喜八郎(大蔵商会)がある・・
    どうも・・この大蔵商会というのが創価学会創設時から書かれている大蔵商会のことなのだろうか??
    国鉄職員などの金融貸付行をしていたようですが・・??こげついて
    倒産状態だったのがやがて池田大作が活躍する・・という・・?・

    伊藤政権で天津条約があるがそれで大蔵商会は金融競争が激化したそうですが・・
    おもしろいのは・・日本聖公会が設立されたとしに
    漱石の二人の兄も死んだことになっていて
    どうも・・この時期の教皇のレオ13世がしっかりと日本まで人材支援を送ってくれている時期??
    のちの鐘紡がつくられたのもこの時期・・
    駿河?清水の次郎長親分が富士山ろくを開墾している時期・・
    東京にガス燈ではなく電燈がともっている・・
    コレラで11万人死亡し英汽船が紀州沖で沈没・・
    生物兵器研究のパスツール研究所が開設、ワクチン研究・・
    1888、磐梯山が噴火させられてる??
    大阪府から奈良県が分離
    早川徳治さんが支援を受けた江木キンキンの夫・江木衷氏は司法参事官・刑事局で
    のちの中央大を作ったり・・
    この時期の日本人をサポートしてくれていたのは
    主に英国で満人たちが繋いでくれてるのではないだろうか・・??

    漱石が留学後に赴任した一高は
    前任者がユダヤ人の末裔のラフカディオ・ハーンだし
    小泉八雲・・
    また、ソクラテスの弟子のプラトンの最後を管理したのも
    アリストテレスで、彼はヒッポーとして残っているヒポクラテスの子孫?Norヒポクラテスから聞いて
    プラトンの晩年に取り入ってる・・
    資料をところどころ、改ざんして後世に残したり・・
    それがどうも・・「育種」思想として誤解を受けてるのではないか・・??
    プラトンがソクラテスから受けた哲学には
    大自然への従順と共生の中で人類が飛び出さないように心がけることがあるのに
    すべての民を育種的なエリートを育てると言う考え方ではなく、
    リーダーには無益の献身意識が大切で
    その上に一般人とは違い、特別な教育をすべきだと言うことではないだろうか??・・??
    「育種」思想はどちらかというと・・高麗系の独裁者側の考え方に思える・・
    美容整形義打つが発展していて
    お化粧をするような感覚で美容整形するというのですが・・
    彼らのようなユダヤ人の活動と満人の活動はどこかでリンクしていたのを思う・・
    ひょとすると?倭国の時代から古代ギリシア神道通じて
    極東の倭国の神道社会にまで保護サポートし続けてくれた?
    また、仏教国のタイのラーマ5世の時代にも
    本来の神道社会を維持する国家として同じく、
    英国とともに満人が保護サポートしてくれたから
    アジアのこの2つの国以外はすべて占領されてしまった文化を持ちますが
    奇跡の例外として昭和期にも存在したということです・・
    漱石の文章を読んでると・・
    満人への尊敬と共感、世代を超えた仲間意識に
    その特徴の美しい動作、集中する姿に言葉を失う漱石を思うのですが・・
    どうも・・日熊(に対し月の倭熊が日本の熊でマタギが狩猟)というと・・
    満人系の英雄?武漢として倭国の歴史に長く貢献してきてくれた存在を思うのですが・・
    日中関係が悪化するきっかっけとして
    真崎甚三郎教育総監更迭があり翌日に田中義一首相が暗殺され・・
    ナチ系の浜口政権が樹立するにいたる(・・Ⅱ山口組長がナチ系??高麗系?)
    彼のお孫さん?そっくりだし、私の大学時代には今振り返ると
    とても不思議な教養の深い先輩方にお会いしていたこと・・
    とても日常的な自然さの中での触れ合いでしたが・・
    時々、とってもどうして!?って吃驚するようなところへも
    OBにクラブとしてつれってってもらって・・
    恐らく・・
    真崎君の動きの滑らかな美しさとその捕われのない文化論を思うと・・
    今・・振り返ると
    子供時分から和歌山に車で出かけるときには
    伊都郡の母方の祖母の実家と九度山と永平寺へ出かけたものですが
    そこの修行僧の美しい所作を思い出す・・
    真崎君は夏休みに突然、妙心寺へ入ってしまって
    それも全く、クラブとは無関係のでも・・私には日本女性として完成された生活に密着した理性?知性を感じる友人が
    突然、北野天満宮につれてってくれ・・
    その境内で、妙心寺の修行僧が一列に並んでやってきて
    一番後ろでやたらキョロキョロしてる落ち着きのない真崎君が
    メガネのツルをテープで補強して
    やってきて・・
    思わず!どうして?って走り寄ったのですが・・
    列から遅れないように
    「また、大学でね」と言ってその場は行ってしまったのですが・・
    私はてっきり!アル中(笑)で禁酒のために修行に入ったのかと思ったのですが・・
    大阪のパドマ関係?キリン関係の夫人と結婚されてる玄侑宗久氏のエッセイの内容は
    真崎君を髣髴とさせる・・
    中曽根氏と真崎君とをmixしたお顔立ち・・・
    夏休みがあけ、大学でやっとあった時、
    「どうして?」という質問にはじっと見つめたまま、何も答えないけれど
    目は私がまるで話してるみたいに?見ている・・
    しばらくしても答えてくれそうに無いので
    「そんなに簡単に入門できるものなのか?私も入門したい」というと
    今度は、目でできないといって、私には合点のいかない結果ですが
    そのときを最後に、真崎君の姿を見ることは無くなった・・
    また、漱石の満人、支那人(清国が建国された時に中国全土を
     支那と名づけ、元々、満人の風習だったという弁髪も
     中国人全土に義務付けたというので・・
     本当は「満人でないのに満人の末裔だと思い込んでるのでは??と
     今、振り返ると時々、襟足だけ髪三つ編みにしてる人をいて不思議だったのですが・・
     そういう意味があったのかと納得(笑)
    真崎君の動きしぐさにせよ、永平寺の修行僧の所作にせよ、
    なめらかな優しい美しさがあり、
    これは幼少時の新田ニッタ氏のメリハリ?静と動とのある美しさとは別の美しさ・・
    実は、昭和40年代?50年代?永平寺のご親睦のような鬱蒼とした杉?並木が伐採され
    コンクリートが建てられるまでは
    永平寺は実は満人の修行寺だったのではないだろうか??
    金大中氏事件などの頃に、しばしば、永平寺の修行僧が
    ケシを栽培しているというのでニュースで報じられた時期があったが・・
    この時期にじつは大きく人事が帰られていったのではないか??・・??!?
    私が6年ほど前に行った時には雪駄を外又で歩く、
    幹部らしき世代の人が出てきて面白そうに?こちらを見ていた・・
    私は憤慨していたのですが・・
    また・・満人は実はユダヤ人のアジア系の血統が混じった人ではないだろうか??
    武漢顔と感じる人のお顔や発生や物腰というのが・・
    実は満人の特長だったのではないだろうか??・・??

    それと今調べていて・・
    豊田商事事件も日本の法律や警察?検察?裁判が
    おかしくなった時期に起こってるので・・
    実はこのときにたとえば・・金屋さんという昭和期には独占事業だった田中貴金属とは無関係だろうか???・・??
    どうも・・鳩山期には第一通商だったのが
    金が値上がりすると・・
    田中貴金属が復帰しているが・・
    規則性?関連性がないだろうか??・・??
    ま。伊藤氏はしっかりした財界との連携での政治家だったということでは??
  • id:takokuro
    大隈重信と間違ってました・・・ゴメン
    大久保利通は実は高麗系の工作員だたったのではないか??
    それが、海外へ行った機会に?nor国内でか・・すり返られてる形跡がある・・
    西郷ドンが下野して薩摩にこもったときに
    実は西郷ドンにすりかわった人物が
    高麗系の西郷頼母(ヨリモ・・・恐らく・・クリスチャン?カトリック?)、
    彼は保科ホシナとも称し、
    その時に鹿島則文を伊勢宮司にして歴史改ざん書の監修に当たらせてる・・??
    伊勢神宮建替えの計画はすでに出来上がってる状態・・・
    鹿島氏は只、、指示されたとおりのことをするだけ・・・
    さて・・この保科とは・・いかなる人物か・・??

    星名(星を奉じる文化というと・・高麗系とスペイン系?)
    保支那??・・??
    支那の保氏??(星?)・・・これがやがての北鮮での一星の命名に因まれる??・・??
    保・・・とは・・
    当時は大久保氏・・
    大久保利通なる人物は・・
    恐らく?ペンシルベニアなど北軍のリンカーンらの一族で
    高麗系とのハーフではないか??・・??
    このリンカーンという人物が一般的には奴隷解放したと丸暗記させられてるが。。
    実は、彼の文相を丁寧に読み解くと・・
    決して民主主義陣営ではないと娘時分から多くの学者や先生から
    よく耳にしている・・
    おそらく・・・南軍のリーダーで元々、英国教会の
     初代大統領のジェファーソン・F・デイヴィスのすり替えとして
     準備された?ロボトミー?がリンカーンであったという仮定で・・見ると・・
    大久保はおそらく・・・??高麗系のリンカーン側の姻戚筋ではないか・・??
     似ている!

    そう理解すると・・・大久保の不可解な言動、
    松平容保の不可思議な言動・・全ては明らかになっていく・・・!?
    つまり・・
    大久保の「保」人脈が容保や保科の動きってこと!?

    保科はホシナとも読むが・・星名ホシナと書くとヤスナとも読める・・
    つまり・・
    古代神道で聖徳太子信仰よりも以前からある神道の信太山・・・
    そこに楠氏親子・兄弟が高氏師直の招聘で渡来し
    治安が落ち着いた頃に
    代々、宮司だった信太氏だったのが
    のっとられてやすな

    だった隆盛の弟の従道が
  • id:takokuro
    時間がなくなったので・・・
    結論から言うと・・
    同時のまだ戸籍が改ざんされたりする前で
    日本人の日本国内での主権が維持されてる大蔵省の中で
    大久保氏は実は
    英国教会系のジェファーソン・F・デイヴィス(南軍の将校)初代大統領
    に成りすまそうとする??nor彼が演説し回っていたのを
    自分が言ってたようにした成りすまし系のリンカーンと
    当時在米高麗資本系の女性との混血ではないか・・??・・??
    nor・・・デイヴィス一族に侵入した混血・・??

    ともかく・・
    家茂なる実は有栖川の第二?三男が
    西郷ドンの弟として後、西郷ドンが実際には私学校時代に
    暗殺され偽者成りすましが西南戦争を指示している・・?
    30歳の時に篤姫?関係の人脈との息子が
    一葉と祖父同士が婚約をしていた尾崎行雄ではないか??・・??


    どうも・・
    高麗系ナチ勢が
    当時、たとえば・・武田しが太陽暦にしようとしたグレゴリウス13世が
    スペイン系カトリックと大友宗麟在日高麗工策員らが暗殺した際に
    武田しは急に戦死し
    そのまま、ヌルハチ(輪島藩?)と名乗り
    女真をまとめ金国をたて、
    高麗系の本陣を襲って・・加藤清正とすり替わっている??・・??

    どうも・・今、日本国籍を山本広&健一つながりの渡辺組長らの
     日本人戸籍売買で?
     急増している日本人成りすまし渡来人や日本国籍を持ってるハーフの人達は
     恐らく・・
     この時期にヌルハチや女真らに姻戚したか子供をつくったか??で
     満人だと清国ができた時代で満人の習慣を中国全土にさせたことで
     自分こそは満人の末裔だと思い込んでる人達のように思える・・
     満人は昭和40年代頃までの永平寺の修行僧をイメージすればわかるように・・
     高麗系のような自己主張が強くもないし
     古い神社をつぶして「自分たちの名を彫ってリフォウムさせるような
      ナチ系の振る舞いはないし、
      また、日本の倭人文化を維持してきてくれた人達だということ・・
      恥をしる人だということ・・

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません