【人力検索かきつばた杯】

テーマ:"君が笑ってくれるなら僕は悪にでもなる"

創作文章(ショート・ストーリー)を募集します。
ルールははてなキーワード【人力検索かきつばた杯】を参照してください。
http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BF%CD%CE%CF%B8%A1%BA%F7%A4%AB%A4%AD%A4%C4%A4%D0%A4%BF%C7%D5

回答の条件
  • 1人1回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2011/12/05 00:38:36
  • 終了:2011/12/12 00:40:03

回答(11件)

id:NazeNani No.1

なぜなに回答回数1615ベストアンサー獲得回数2762011/12/05 11:03:28

ポイント46pt

と出会ったあの頃はまだ、
むしゃらに受験勉強をしていた時期で、
いかけてくれた君の視線を避けて、
まらない参考書にいつも表情を沈めていた。
れ隠しの様に軽く髪をかき上げた君は、
もった表情の僕を、只、見つめていたっけ。
んあいの「れ」でも始まるのではないかと
んるんと期待していた女学生の君にとっては、
ぜか、それでもまだ憧れの夢の続きは消えず、
くたんすることはなかったのだと話してくれたね。
らにとっての出会いを含めたすべてのそんな
じまりは、すべてをおしまいにするほどには
くはなかったのだけれども、今ではもうなぜか、
ても似つかない、とても変わった関係だけが残る。
も、恋愛を乗り越えた男女の永い友情が、
うときめきは感じない様な落ち着いたものでも
んとかなるんじゃないかと僕は思っている。
んるん期待はさせてあげられないけど…、家族として。

id:minoru-0413 No.2

minoru-0413回答回数179ベストアンサー獲得回数232011/12/05 18:10:45

ポイント46pt

昨日、電話した。
今日、メールした。
明日、会いに行く。
返事は、ない。

君の心がなくなってから、もう1年だろうか。
今朝も、返事のない電話を、僕は楽しんだ。
向こうで息をしている君。
何かにふっと反応したのを、僕は知っている。
少しずつ、心が戻って来たのだ。
嬉しくて、僕は待ち合わせ場所までスキップをした。
大通りが、珍しく静かだ。
車道の真ん中を、王様気分で渡っていく。
ベンチの上に、君は立っていた。
振り向いてくれた。
嬉しい。
僕は君の手を取った。
ふわっとスカートをなびかせて、君は降り立った。
羽根は、ない。
天使は、口元を少し歪ませた。
笑顔を、君は取り戻した。
近くの海まで、駆けていく。
白い帽子が、風にさらわれていった。
気にしない。
海を見下ろす崖の上。
君を抱き上げて、僕は飛ぶ。
夜空に溶け込む、黒い翼。
月明りに照らされた、君の笑顔をもっと見たい。
羽根を千切られた背中は、もう何も生えていない。
でも、僕が君の羽根となる。
夜空を翔る漆黒の翼が、君の羽根となる。
それを、僕らの契約にするんだ。

羽根を千切られた天使は、人間となり、心を無くす。
天使と悪魔は、恋をしてはいけない。
天使と悪魔は、恋い慕う人間と契約を結ぶ。
契約を破ることはできない。

僕は悪魔。
君は天使。
恋をしてはいけない。
ならば君の羽根を千切ってしまえば良い。
人となった君となら愛し合うことができるのだから。
失った君の心は、僕が取り戻してみせるから。
だから君は、僕の愛を受け止めて、幸せに微笑んでいて欲しい。
そして僕を愛して欲しい。

id:yossiy7 No.3

勇者よっしー回答回数778ベストアンサー獲得回数962011/12/05 22:38:31

ポイント46pt

「フガー!クラエーハドウケーン」
佐竹の波動拳が安達を襲った。
「同情するなら、金をくれ!」
安達の「同情するなら金をくれ」キックが炸裂。「ウワーヤラレター」佐竹死亡。
安達の脳裏には、母親の顔が浮かんでいた。
「東京に行くときはね、京本政樹に気をつけるんだよ。何でも治すとかいう医者で高額の医療費取って結局治せなかったからね」
安達の頬に涙が流れた。
しかし、我々はここで気がつくのであった。
家なき子と、聖龍伝説がごっちゃになっている事を。

ED~ 君が笑ってくれるなら僕は悪にでもなる ~

fin.

id:some1

佐竹といえばジョー東。棒読みで「ちょーしこいてんじゃねー」「ハリケーンアッパー」ですよ(W

2011/12/10 06:15:44
id:a-kuma3 No.4

a-kuma3回答回数4524ベストアンサー獲得回数18802011/12/06 00:43:53

ポイント46pt

「ねえ、空って、どうして青いのかなあ」

そうだね、光ってのは、赤とか緑とか、いろいろなのが混ざってて、波長ってのがあってね。


「ねえ、青空は、どこから始まってるの」
「ねえ、夕陽が赤いのはどうして」
「ねえ、青空から夕陽に変わるときには、紫色にならないの、どうしてだと思う」

また、いつものが始まった。
前にも、似たようなこと、聞いていなかったかな。


「ねえ、お星様っていくつあるの」
「ねえ、お星様って、ものすごく熱いってホント」
「ねえ、ペンダントにするなら、どの星が良いと思う」

知らないよ、そんなこと。


「ねえ、どうして黙ってるの」
「ねえ、なんで眉間にしわが寄ってるの」
「ねえ、怒ってるの」
「ねえ、教えてよ」

「もう、しらない!」


ぼくは、君の笑っている顔が一番好きなんだ。
機嫌を直してくれよ。
なんだっけ、星の数がいくつって話だったっけ。



一枚の紙になってしまった君の笑顔が、ふくれっつらになることは、もうないんだということは分かってるけど、
君がいつまでも笑っていられるように、せめて質問に答えよう。

神様がいないんだ、ってことは、二年前のあの日に分かってる。
そうだな、ID は、

(了)

id:kumonoyouni No.5

kumonoyouni回答回数612ベストアンサー獲得回数1312011/12/06 17:16:33

ポイント46pt

俺は悪魔の子。悪事を働くことが何より喜びを感じる瞬間だ。夢は悪魔の帝王になること!

「クワッ、今日もいつものように悪事を働いて人間を困らしてやろう・・・」

「待てぃ!」

「うん?」

「貴様、さてはブラックデビルだな?」

「俺はただのサラリーマンだ」

「ウソをつけ!」

「いやいや、俺はただのサラリーマンだ」

「では、これを聞け!」

「(私の青い鳥の歌)ようこそ ここへ♪」

「クワッ、クワッ、クワッ、クワッ、クワッ♪」

「やはり、ブラックデビルじゃないか!」

「なんで分かったんだ!!」

「分かるわ、この野郎!」


あぁ、あの頃が懐かしいなぁ・・・。
お互い年をとったけど、「君が笑ってくれるなら僕は悪にでもなる」

終わり

PS:問題)回想しているのは誰でしょう?d(^-^
  『この話でピンとくる人が今どれくらいいるんだろう?』と思って書いてみました(笑)

id:matsunaga

ナハッナハッナハッ!

2011/12/09 19:00:00
id:kumonoyouni

ひゃっっほ(笑) で、出た! しかし、あんたも変わりまへんなぁ

2011/12/09 22:21:05
id:grankoyama No.6

グラ娘。回答回数560ベストアンサー獲得回数1702011/12/06 22:41:48

ポイント45pt

『空と君の間に』


 ジャックは薄暗い倉庫の扉を開けて、中を覗きこんだ。思ったとおり、一人の少年が一心不乱に作業をしている。
 作業台に載っているのは一対の大きな翼だ。
「やあ、レニファー。今日は墜ちに……もとい、翔びにいかないのかい?」
 ジャックの声に応えて、レニファーが手を止めて応える。
「あ、うん……昨日のテストフライトで主翼の一部を壊しちゃって」
「よくやるよ。そんな旧式のフライトモジュール、それも素人同然の君が
 手を入れたところでほんとに翔べるようになるもんだか」
「無理は承知の上だよ。時間はたっぷりあるしね。
 これだって昔はちゃんと動作していたはずなんだ。現に僕も少しの間なら翔べたんだ」
「あれを翔んだっていうのかい?」
ジャックは先日見学したテストフライトの様子を思い浮かべていった。確かに一瞬は浮いたように思う。
しかし、その直後にバランスを崩し地面を転がった彼の様はお世辞にも『翔べた』とは表現しがたい。
「この間まの状況から考えたら大きな進歩だよ」
レニファーは、さして深刻な雰囲気もなく言ってのける。
「まあ、そういうなら……。それはそうと、これから妹の……カノンの所へ
 見舞いに行くんだけど一緒にどう?」
 ジャックがここに来た目的は実はそれだった。
「今日は止めておくよ。もうちょっと手を入れたいところもあるし」
「無理にとは言わないけどさ、カノンも会いたがってるから……近いうちに」
「うん、明日か明後日には必ず」
そう、出来るだけ近いうちに。レニファーは知らない。カノンの真の病状を。


 この倉庫に収められた大きな翼、それは(HW)ホーリーウィングと呼ばれている空を飛ぶための器具である。
現在は、同時性法力炉を搭載しているものに限定されており、その使用者は聖職者に限られている。
レニファーが整備をしているのは、それの旧式いわばモデルとなった数世代前のものでほとんどガラクタ同然だ。
エネルギーパックを主動力としているため、レニファーのような一般人でも扱うことが出来るが、部品の多くが
破損し、ほとんど価値を認められないまま放置されていた。
そして時代が変わり、HWによる飛行は聖職者に限定するという教会からの指示により全く無価値になってしまった。
それ以降生産されるのは、法力炉内蔵タイプのみとなり、一般人の手に入る機械は失われた。
同時に旧式の、HWは逐次処分されていった。たまたま処分の手を逃れ、眠っていたのをレニファーが見つけたのだ。
レニファーにとってもそれは何の意味を持たないただの不用品だった。
 そう、彼女のあの言葉を聞くまでは……。




「今日も、レニファーは来てくれないの?」
病室で病に伏せるカノンが、見舞いに来たジャックに問いかけた。
「ああ、ちょっと忙しいみたいだ。でも明日か明後日には来てくれるだろう」
「私が言ったこと気にしてるのかなぁ?」
「うん?」
「ほら、前に……一度空を翔んでみたいって、レニファーに……」
「ああ、でもほら、カノンだって知ってるだろう、確かにHWとかあれば翔べるんだろうけど
 あれは、強い法力と精神力が必要だし、そもそも僕らみたいな一般人が使ってるのを
 見つかったら、憲兵隊に撃ち落されても文句は言えないよ。最悪、悪魔狩りの対象にさえ
 されるかも知れない」
それを聞いてカノンは静かに俯く。
「じゃあ私、彼に悪いこと言っちゃったかな。私じゃなくても……この窓からでも……レニファーが
 翔んでいるのを見れただけでも嬉しくなるって……」
シーツを握りしめたカノンの手が微かに震えている。
「大丈夫だよ、あいつだってバカじゃない。それくらいのことは……」




「レニファー!!」
けたたましく扉を開けたジャックの目に飛び込んできたのは大きな翼を背負ったレニファーだった。
倉庫の朽ち果てかけた壁の隙間から漏れる光に背中から照らされ、一瞬天使と見紛えた。
「ジャック? まさかカノンに何か!?」


ジャックにはわかっていた。止めても無駄だということを。
そして止める気持ちなど起きない自分がいることを。
妹の最後の願い、それが一番の願いではなくても、その一部でも叶える可能性を消し去ることなんてできないことを。
それが例え、手遅れになったとしても、今このレニファーの衝動を抑えることが出来ないということを。


 レニファーはその、骨董品とも呼べるHWを装着したまま、静かにただしっかりとした足取りで倉庫を後にした。
彼の体を大きな二枚の翼が大空へ舞い上がらせる。
高く、どこまでも高く……。


fin.

id:some1 No.7

some1回答回数842ベストアンサー獲得回数372011/12/10 06:19:12

ポイント45pt

某イラスト投稿サイトを見ながら

「・・・このネタ絵師。
 こんなにパロディー絵投稿したら、
 絶対、作者や出版社だのにマークされてるだろうな・・・


 だが、それがいい!」

id:meefla No.8

meefla回答回数982ベストアンサー獲得回数4592011/12/11 00:12:24

ポイント45pt

『夜会』にて

 美奈が、また、泣いている。

 うつむいた顔が長い髪に隠れてはいても、浩平には彼女が泣いているのがわかった。
『だからあいつだけは止めとけ、と言ったのに』
 そう思った浩平は、無言で美奈から視線をそらし、ズブロッカのグラスをあおった。何が言えるだろう。浩平の助言を聞かなかったのは美奈自身だったのだ。
 雨で冷えた体を温めてくれるはずの酒も、役には立たなかった。

 渋谷駅から歩いて10分ほど、路地の突き当りにある雑居ビル。その2階に、バー『夜会』はあった。
 狭い店の中には申し訳のように小さなテーブルも置いてあるが、常連はカウンターに座る。酒の種類が豊富なわけでもなく、ツマミもさして特別なものではない。それでも常連がこの店に通うのは、初老のマスターの人柄に惹かれてだった。

 浩平はマスターに言った。
「ズプロッカ、おかわり」
 マスターはうなずくと、冷凍庫から取り出したボトルの中身をグラスに注いだ。香草のほのかな香りがする、とろりとしたウオッカは、アルコール度数が高いので冷凍庫でも凍らない。
 差し出されたグラスを口に付けた浩平の耳に、美奈の声が聞こえた。
「ごめんね。もう大丈夫だよ。私が悪いんだから」
『強がりを言うんじゃない』と浩平は思い、ズプロッカを一気に飲み干した。
 店のドアが開き、一人の客が入ってきた。浩平の知らない、中年の男だった。男は浩平から離れたカウンターに座り、ウィスキーを注文した。
 浩平は不意に酔いを感じた。彼は美奈に言った。
「もう帰るよ。また明日」
 マスターに美奈の分も料金を支払い、浩平は『夜会』を出た。店の外には、まだ冷たい雨が降っていた。


 浩平が店を出た後、中年の客はマスターに声をかけた。
「わからないな。誰と喋ってたんだ?」
 マスターはグラスをみがく手を止めて言った。
「浩平さんですね。美奈さんとですよ」
「美奈って?」
「そこの壁に、絵が飾ってあるでしょう。あの絵を描いた人です」
 それは、一面の草原の中央に傾いて立っているビーナス像を描いた絵だった。よく見ると、ビーナス像は両腕がないだけでなく、あちこちが壊れ、欠けていた。マスターは言葉を続けた。
「画学生でね。絶世の美女でしたな。私がもう少し若ければ、と何度も思わされました。この絵は自画像だそうです」
 マスターは、手に持ったグラスに目を落とした。
「いかんせん、男運が悪かった。美奈さんの気を引くためなら、銀行強盗だってしようという男はいくらでもいたんですけどね」
「もしかして、さっきの浩平ってやつも?」
 マスターはうなずいた。
「取り巻きの一人でした。その他大勢の中では一番仲が良かった……。だからでしょうね。美奈さんが惚れた男に殺された時、浩平さんの中で何かが壊れてしまった」
「殺された?」
「もう3年も前になりますか。浩平さんの頭の中では、美奈さんはまだ生きているんです。そして、夜ごとこの店に来て美奈さんと酒を飲む」
 浩平の座っていた隣、一番奥のスツールを、マスターは指さした。
「その席は、美奈さんのお気に入りの席でした。浩平さんは必ずその隣。誰にも見えない美女と過ごして、二人分を支払って帰るというのを、3年たった今も繰り返しているのです。……主人が死んでも駅で待ち続ける飼い犬のように」

 再びグラスをみがき始めたマスターに、客は言った。
「マスター。そこの美しいお嬢さんに、カクテルを」
 一瞬目を見開いたマスターは、すぐに普段の表情に戻り、カクテルを作り始めた。ホワイト・ラムがベースのカクテルだった。
 壁の絵に描かれたビーナスが微笑んだように見えた。

(了)

id:sokyo No.9

sokyo回答回数1371ベストアンサー獲得回数942011/12/11 10:29:12

ポイント45pt

欄干の上から

いちごちゃんは、欄干の上に立っていた。
「わぁ、亜由美センパイだ! おひさしぶりです」
会うなり私に声をかけてくれた、高校の後輩。偶然会ったのは、ちょうど母校のそばの陸橋のところでだった。日も暮れて、人通りはなかった。
「い、いちごちゃん。なんでそんなとこにいんの?」
「死のうと思って」
口調と行動がぜんぜん合ってない。
「近づかなくていいですよ。私、もういいんで」
「ち、ちょっと落ち着きなよ。話をしよう。降りておいでよ」
「いいんです。コウイチくん、別に私に興味ないみたいだし」
コウイチくんって言ったら、いちごちゃんと同級生だった線の細い男子だ。
「がんばって誘ったのにな、人体の不思議展。明大博物館の拷問具展示も聞いてみたのにな。みんな『バイトあるから』って断られちゃったんだから」
「それはチョイスが悪…」
「コウイチくん、バイトたいへんそうだから。私が飛び降りれば電車が止まるでしょ? 私の怨念でカレがバイト行かなくて済むようになるの。ステキでしょ? 笑ってくれるかな」
「そんなのだれも喜ばないよ! 降りて。おいで」
そのとき私たちの足の下を電車が走り抜けた。橋はすごく揺れる。いちごちゃんの本能が、欄干の上でバランスを取っている。
「いいんです。ひとりでいくつもりだったけど、最後にセンパイに会えてよかったです」
「待って。ちょっと待って。いま…じゃなくたっていいじゃない。時間をちょうだい。話を、」
「今日、ちょうどこの時間、ココに呼び出したんです。でも、もうきっとカレ来ないんです。だってほら。もう時間だから」
「そ、そんなことないよ。私の手元の時計ではまだ57分だよ。まだ、あと3分ある」
私は腕時計を見た。ふりをして少し近づいた。
「亜由美センパイって優しいんですね。もう、来るわけないのに。だって今日、カレは、」
そのとき、いちごちゃんのケータイが鳴った。バイト中なのに、っていちごちゃんは短くつぶやいた。
“もしもし? 榎本さん?”
夜の空気は澄んでいて、コウイチくんの声はよく聞こえた。
“榎本さんだよね? いまどこにいる?”
この朴念仁。
「いま? 桜高の前の、陸橋の手すりの上」
しばしの間があった。
“…ごめん。い、いま行くから。さんじゅ…20分で行くから”
「どうせうそでしょ。死なせないつもりなんでしょ」
“そんなことないって”
「じゃあ、死んでいい?」
“えっと、よくないよ。そういうの、”
「じゃあ20分で来るの? 証拠は? 来る証拠は? これからの証拠は?」
“証拠は…。えーっと、これは会ってから言おうと思ってたんだけど”
電話機の向こうで足音が聞こえる。コウイチくんは電話の向こうで走っている。
コウイチくんは、ここに来る。
でもいちごちゃんはもう聞いてない。彼女の手からケータイが少しずつ離れていく。身体が、少しずつ傾いていく。
“24日、寄生虫博物館に行こう”
「え?」
いちごちゃんの手から、ケータイが滑り落ちた。鮮やかな光は«向こう側»へ消えた。
その隙に私はいちごちゃんを取り押さえた。いちごちゃんが倒れ込んだのは、«こちら側»だった。
「ばかっ! いろんな意味でばかっ!」
私は倒れ込むいちごちゃんを抱きとめて。橋の下をまた電車が通って。急ブレーキの音が聞こえて。
「いちごのばかっ! 前からばかだと思ってたけどやっぱりばかっ!」
私はいちごちゃんの目を直視してまくし立てた。言葉はどんどん出た。
「電車が止まったらカレ来られないじゃない。ケータイなくしちゃったじゃない。連絡もつかないじゃない。拷問具でカレが振り向くわけないじゃない」
そして息継ぎをして、もうひとつ付け加えた。
「…心配したじゃない」
いちごちゃんは、大きな瞳に涙をたっぷりため込んでいた。瞳の奥に私がうつっていて、私自身も同じ目をしているのがわかった。私は、いちごちゃんをぎゅっと抱きしめた。こんなにきゃしゃな肩をしてたんだね。もうぜったい«こちら側»から、手放さないからね。
いちごちゃんは短く、ごめんなさい、とだけ言った。いつの間にか雪が降っていた。欄干の上でうっかり足を滑らせるようなことがなくてよかった。ほんとうによかった。
それからいちごちゃんは雪よりも静かに泣いた。人も車もぜんぜん通らなくて、電車の音さえ途絶えた。いちごちゃんが泣きやむまでは、そばにいてあげよう。
でも今度、この恩はきっちり返してもらおう。そうだ。いちごちゃんの家にピザを送りつけて勝手にピザパーティしよう。そしたら愛すべき後輩たちをたくさん誘おう。
バレンタインにハートの型を貸してあげるのはやめにしよう。自分で買いなって言おう。
ふたりも交えてみんなで遊びにいこう。行き先でどっきりで二人きりにしてやろう。
そして来年からは不器用同士な二人を、うんとひやかしてやろう。

id:gtore No.10

gtore回答回数2481ベストアンサー獲得回数4372011/12/11 18:17:03

ポイント45pt

「早苗」
私が帰宅すると、彼女は髪をとかしていた。
「ん?」

こんばんは、この時間のニュースをお伝えします。

「きょうも、お疲れかな? なにか浮かない顔をして」
「うん、またあの上司に怒られちゃった」

きょう午後6時ごろ、西賀市花井にある宝石店に男が侵入し、
指輪や腕時計などが盗まれる事件がありました。


「そうか、大変だな……」
私がさしだした指輪に、彼女が気づいた。
「どうしたの? これ」

警備会社から通報があり、5分後、現場に警察官がかけつけましたが、
店の窓ガラスが割られて、ショーケースが荒らされ……、


私は、ソファーに身をうずめた。
「まえからいってただろ。ほしい、って」

300万円相当の貴金属類が盗まれていました。
店の防犯カメラには、大きなマスクと深いキャップ帽をつけた男が映っており……、


「まぁ、あなたったら」
彼女はほほえみながら指輪を手に取り、目を細めて眺めた。

つぎのニュースです。
きょう午後8時半ごろ、森江市枝中の路上で……、


「それに、腕時計まで……」
「きみのその笑顔が見られるだけで、ぼくは幸せだよ」

青山電気株式会社の専務、林和夫さんが血を流して倒れているのが発見されました。
目撃した人によると……、


「もう、きざなんだから」
彼女は、ささやくようにいったあと、こぼれるような笑みをみせた。

林さんは、うしろからきた、大きなマスクと深い帽子をつけた男に、
いきなり切りつけられたということです。


「本当にいいの? 大丈夫? もらっても」
「ああ、大丈夫だよ。手ぬかりは……」

県警は傷害容疑で逃げた男の行方を追っています。

「ん?」
「いや、なんでもない」
手ぬかりは、ないのだから……。

id:hilc No.11

伊緒回答回数2ベストアンサー獲得回数12011/12/11 20:32:18DSから投稿

ポイント45pt

知っていたのさ。

君の視線が僕に向いていない事など。

視線の先には、いつもアイツがいる。

だけどさ、それでいいのさ。

君が笑ってる。

それだけでいいんだ。

ある日を堺に笑顔は崩れた。

アイツにカノジョができたから。

君は笑ってくれない。

どうして?

アイツ二カノジョナンテイルカラ。。


                        • アイツヲケソウ。

僕はカノジョを----。。。。。


君は、笑ってる。

アイツは泣いている。

ボクハ。。。。

君が笑ってくれるなら
僕は何にだってなれる。

例え誰かが苦しもうとも。。。

コレハ歪ンダ愛ノ行ク末ノ物語。

  • id:taknt
    創作募集のキャッチフレーズが パクリだなんて・・・(笑)
  • id:meefla
    > taknt さん

    「創作は模倣から始まる」 レフ・ニコラエヴィチ・トルストイ
  • id:taknt
    君が笑ってくれるなら僕は・・・
  • id:NazeNani
    …中●みゆきにでもなるw♪
  • id:takejin
    あらら、終了してしまいましたか。
    せっかく書いたので。

    形勢は明らかに不利だった。
    おかしい、なぜだ。
    闇の世界を支配すつ私が、なぜこうも劣勢を強いられるのか。
    「クリスタルボンバー!」
    うっ。またも、やつの必殺技だ。
    「ううう」
    思わずうめき声が口をついて出てしまう。しかも、後ろ向きに倒れてしまうほどのダメージだ。
    だが、俺も闇の帝王だ。これくらいで参るわけがない。
    「ダークスパイラル!」
    な、なぜだ。俺の必殺技を平然と跳ね返している。いや、意に介さないほどだ。
    どうなっているのだ。
    「レッドハリケーン!」
    うう、またも必殺技だ。もうたまらん、俺は立っていられないほどのダメージを受けてしまった。
    「ううう、もう・・・だめだぁ」
    倒れこむ俺に、奴の叫びが聞こえる。
    「今だ!ファイナルソード!せんめつしてやる」
    奴は怪しい音響を響かせて、俺に光る剣を打ち下ろした。
    「や、やられたぁ」
    俺は奴の最終兵器にかかって、大爆発を起こしたらしい。
    「やったぁ、又勝ったよ。ママ。ボク強いでしょ?えへへ」
    奴が笑ってる。そうだ、奴が笑ってる。
    「パパ弱いねぇ。ヤミのしょうぐんなんだから、もっと強くないとだめだよ。」
    俺は起き上がった。
    「ジュン君は強いから、パパ、ゲフンゲフン、闇の将軍バッカスはかなわないな。」
    「うん、ボク強いでしょ。セイギは勝つんだよ。えへへ。」

    キミガワラッテクレルナラ、ボクハアクニデモナル。
    そう、いくらでも、いつまでも。
  • id:hokuraku
    ~質問者&回答者の皆様へ~

    ご無沙汰しております。hokurakuです。
    皆様にお願いがありまして。

    思いつきなのですが、このかきつばた杯を編集してpubooの電子書籍として配布したら面白いかなぁ、などと思いました。
    <ブクログ パブー>http://p.booklog.jp/

    もちろん、配布は無料で行います。
    要は、皆さんの質問&回答を電子ブックリーダーやスマホにダウンロードして読めるようにしたらいいかなぁ、というものです。

    そこで皆さんにお願いなのですが、各質問&回答の著作権は皆様にありますので、pubooへの転載しても構わないよー、という方はお手数かけますがこちらにコメントをお願いします。
    なお、はてなには皆様から了解が得られれば転載は構わない旨、回答いただいております。

    ※同様のコメントを各回の質問に載せたいと思いますので、常連さんにはご迷惑おかけします。すいません。
  • id:minoru-0413
    minoru-0413 2012/01/05 22:08:12
    >hokuraku様
    此方も他と同様に^^
  • id:NazeNani
    hokuraku 様、オッケーです♪
    今までに書いた他の作品のもオッケーですよ☆
  • id:hokuraku
    minoru-0413さん、NazeNaniさん、ありがとうございます!
    (minoru-0413さん、各回ごとにお手間取らせてしまいすみません)
    作業に手間取るかもしれませんが、ある程度できたらまたお知らせしますね。
  • id:garyo
    hokurakuさん、こんにちは。私の方は特に問題ないですよ。

この質問への反応(ブックマークコメント)

トラックバック

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません