小説『クムラン』(エリエット アベカシス)の続続編について


小説『クムラン』にはまり、続編『蘇る神殿』までよみました。
翻訳者の後書きによるとさらに続編があり、そこでは日本も関連があるとのことですが、日本語訳はまだ発売されていないようです。

フランス語を読むことはできないので、英語訳にチャレンジしてみようと思っているのですが、どれが続続編なのかわかりません。

どなたか教えていただけないでしょうか。
よろしくお願い致します。

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 登録:2012/01/15 10:01:02
  • 終了:2012/01/15 16:32:42

ベストアンサー

id:fiwa No.1

fiwa回答回数1189ベストアンサー獲得回数2502012/01/15 11:57:44

フランス語の原書タイトルは”La dernière tribu”というもののようです。
Amazon.com: La Derniere Tribu (Ldp Litterature) (French Edition) (9782253116950): E. Abecassis: Books

ただ、ざっと探してみましたが英語版が見つかりませんでした。
スペイン語版とオランダ語版ならあるようです。

  • id:syouhos0
    ご回答ありがとうございました!

    舞台が日本にも設定されているということですが、英語版がないとのこと残念です。

  • id:syouhos0
    内容紹介:

    殺された男性の遺体は2000年前に京都で日本の神社で発見されました。神秘的に日本に輸送される前に、チベットに住んでいた男が、まだ手にヘブライ語のスクリプトで覆われている原稿の一部を保持しています。この人は誰ですか?それは、その起源を発見する任務が与えられることアリーズコーエン、クムランの書記で、エッセネ派の救世主です。チベットでは日本とイスラエルに彼を導いたその調査、全体を通して、ARYは、徐々に日本のオリジナルの宗教、神道は、の部族の分散のように、ヘブライ語の宗教から直接、次のことを発見しますイスラエルは、そのうちの一つは、この国に達し、亡命で彼の崇拝を慢性化している。
    赤いニシンに跳ねるこの検索パズルと一緒に、ARYは必死に彼の人生、ジェーンの愛を求めて。それは彼がエッセネ派を去った彼女のためだった。または若い女性、CIAのエージェントは、日本にもあります...
  • id:syouhos0
    http://www.amazon.fr/gp/product/2226150978/ref=dp_proddesc_1?ie=UTF8&n=301061

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません