トイレットペーパー、ティッシュには、競争原理は働いていないのでしょうか。それとも働いているのでしょうか。

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2012/03/01 21:53:11
  • 終了:2012/03/02 19:29:21

回答(2件)

id:seble No.1

seble回答回数4681ベストアンサー獲得回数6172012/03/01 22:19:59

働いていると思いますよ。
売り場によって値段も違うし、第一、中身の枚数がずいぶん減ってます(つまり値上げ)
しょせん紙なので、原料にしろ製造コストにしろほとんど差はありませんから、末端の価格が大きく変わる事もありません。
そこで、枚数を微妙に変えたり、厚みを変えたり、パッケージの大きさを変えたり(枚数が多くパッケージが大きい方が本来はコストダウンのはずだが)、あの手この手で競争してますね。

id:surippa20

ご回答ありがとうございました。大変参考になりました。

2012/03/02 19:29:07
id:ttakao No.2

RON回答回数276ベストアンサー獲得回数312012/03/01 23:29:59

働いています。紙で同じものだと思ってはいけないようです。
数年前より箱が薄くなっていることに気づきませんか?実は以前より少し量を減らしたようです。そうすることで輸送費は押さえられ、密かに値上げ。これは他社もマネしやすいですが、コストダウンできています。
また、数年前より空気中の水分を含みやすいモイスチャータイプが出ました。これは「鼻セレブ」という商品名もよく、花粉症の人々がこぞって購入する高機能ティッシュとなりました。
トイレットペーパーも同様で、香りをつけてみたり、薄く印刷が入ったものはそれなりの価格ですよね。
パッと見たら似たようなものですが、やはり競争は行われているのです。

id:surippa20

ご回答ありがとうございました。大変参考になりました。

2012/03/02 19:29:13

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません