青あざはなぜ足や腕にできるのに手のひらにはできないのでしょうか?

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2012/04/23 17:46:13
  • 終了:2012/04/30 17:50:03

回答(1件)

id:SALINGER No.1

SALINGER回答回数3454ベストアンサー獲得回数9692012/04/23 18:38:52

それは簡単なことです。手のひらの皮膚が厚いからです。
 
皮膚は外側から表皮、真皮、皮下組織とあり、青あざというのはぶつけたりしたときに皮膚の内側の皮下組織で出血することです。この場合表皮や真皮が厚いとぶつけても皮下組織の血管を傷つけるまでいかないことが多いからです。もちろん手のひらでも内出血をして青くなることはあります。
 
因みに青くなるのは出血した血をマクロファージが分解するので青くなります。

更に足や腕の場合はぶつけなていないのに病気が原因で青あざができることがあります。紫斑病とか言いますが、末梢血管の血流が悪くなって出血するのが原因で手のひらよりは脚や腕にできるようです。
http://www.mirai.ne.jp/~seisinc5/purpura.htm

id:a060308

なるほど!! 
ありがとうございました☆

2012/04/23 20:15:15

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません