私は1年前より、特有の神経質で悩んでおります。他の人ならば絶対に気にならないであろう事で本気で悩んでしまうのです。

例えば、携帯ゲームを最初から初める時に、初める時にふいに瞬きし、目をつむってしまって初めると、それが「いつかまた目をつぶってしまうのではないか」と、本気で悩み考えこみ、解決策として、初めたゲームのデータを消してしまう事を選んでしまうのです。
○○をしている○○(ゲーム、画像等)をやる、見ると、「いつかまた」○○してしまうのではないかと本気で思いこむ、そんな具合が毎日続いているのです。
自分はこの神経質?を毎日治したいと思っているのですが…

皆様の中で何か解決策、情報等がございましたら是非、教えて頂きたいです。

回答の条件
  • 1人50回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2012/05/16 21:12:14
  • 終了:2012/05/23 21:15:03

回答(1件)

id:miharaseihyou No.1

miharaseihyou回答回数4467ベストアンサー獲得回数5492012/05/16 21:45:02

http://wired.jp/wv/2010/11/30/%E3%80%8C%E6%83%85%E5%A0%B1%E4%B8%AD%E6%AF%92%E3%80%8D%E3%81%A8%E3%80%8C%E5%A5%BD%E5%A5%87%E5%BF%83%E3%81%AE%E3%83%91%E3%83%A9%E3%83%89%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%80%8D/
 
 解決策というよりは情報ですが、あなたの状態は情報中毒だと思います。
中毒ならば対象から遠ざかれば良い。
ゲームで症状が出るならゲームを絶つ。
携帯のメールで症状が出るならメールを受信しない。
そういった個人的な情報規制を試みられてはどうでしょうか?
情報は無くても死なないので依存症との戦いになると思いますが、ネトゲ廃人になるよりはマシだと思います。
 
http://3rd.geocities.jp/netgeyameyou/

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません