「アメイジング・スパイダーマン」でクモの糸を装置から飛ばすようになったのはなぜ?

サム・ライミ版スパイダーマンでは、スパイダーマンはクモの糸を自分の手首から直接放出していましたが、「アメイジング・スパイダーマン」ではクモの糸を飛ばす装置から飛ばすようになっていました。
このような変更にはどのような意図があるのでしょうか?

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2012/07/05 17:28:55
  • 終了:2012/07/12 17:30:03

ベストアンサー

id:meefla No.1

meefla回答回数987ベストアンサー獲得回数4632012/07/05 21:24:32

監督のマーク・ウェブは、シリーズのリブートに当たって映画におけるスパイダーマンの設定を見なおして、原点回帰を行ったようです。
オリジナルのコミック版に近いものにする、という事ですね。
ピーター・パーカーが高校生という設定もそうです。

ご質問の装置ですが、artificial web-shooters という名前でして、リンク先の記事にある画像からもわかるように、コミック版に出てきます。

One change of the franchise to reinvent the hero for the film was to go back to the original source material in the mainstream comics of Spider-Man having artificial web-shooters.

The Amazing Spider-Man - Wikipedia, the free encyclopedia

普通の高校生がこんな装置を発明できるのは何故、というツッコミは昔からあったようですが。

お役に立てることを祈りつつ。

id:chris4403

ありがとうございます。ということはサム・ライミ版の方が特殊だったわけですね。
すっきりしました!

2012/07/06 10:53:34

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません