よくTVでヨーロッパ社会は素晴らしいと聞きます。

社会保障はスウェーデンは素晴らしい
労働時間は週40時間までしか働かせてはいけない
格差が少ない派遣社員が、、、、など
見習わないといけない!とコメンテーターが言いますが
そんなに素晴らしい社会なのでしょうか?
日本に良い所はないのでしょうか?
長文歓迎ですのでわかりやすく教えていただけないでしょうか?

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2013/01/10 20:58:46
  • 終了:2013/01/11 19:20:00

ベストアンサー

id:oil999 No.1

oil999回答回数1728ベストアンサー獲得回数3202013/01/10 21:23:36

ポイント100pt

スウェーデンの社会保障制度は優れていると言われますが、つい最近まで徴兵制度が敷かれており、兵役拒否する者には使役が課されていました。これに比べると、無条件に最高の医療を受けられる日本の社会保障制度の方が優れていると言えます。

このように他国の良い点をピンポイントで挙げたら日本よりよく見えるわけですが、総合的な視点で日本を見てみると、社会保障が充実し、国民の生活の質や教育レベルが高く、衣食住の選択の幅が広く、社会インフラも整っており、宗教差別もなく、たいへん暮らしやすい国ということができます。
ただし、普通の生活を送るためには、黄色人種で日本語を話すことができることが大前提の国ではあります。

その他の回答(4件)

id:oil999 No.1

oil999回答回数1728ベストアンサー獲得回数3202013/01/10 21:23:36ここでベストアンサー

ポイント100pt

スウェーデンの社会保障制度は優れていると言われますが、つい最近まで徴兵制度が敷かれており、兵役拒否する者には使役が課されていました。これに比べると、無条件に最高の医療を受けられる日本の社会保障制度の方が優れていると言えます。

このように他国の良い点をピンポイントで挙げたら日本よりよく見えるわけですが、総合的な視点で日本を見てみると、社会保障が充実し、国民の生活の質や教育レベルが高く、衣食住の選択の幅が広く、社会インフラも整っており、宗教差別もなく、たいへん暮らしやすい国ということができます。
ただし、普通の生活を送るためには、黄色人種で日本語を話すことができることが大前提の国ではあります。

id:pigmon88 No.2

pigmon88回答回数501ベストアンサー獲得回数252013/01/10 23:30:54

ポイント100pt

北欧については知りませんが、ドイツは今や日本と同じく格差社会ですよ。
日本で小泉政権がアメリカの要請を受けて、派遣労働の解禁、郵政改革などの
ネオリベラリズムと呼ばれる政策を次々と打ち出したころ、シュレーダー首相率いる
社会民主党政権だったドイツでも、同じような政策が実行されました。
その結果、EC圏内で一人勝ちのドイツ、つまりヨーロッパ中から金を吸い上げている
ドイツでも、富は上流中流以上に集中し、中下層や若者には分配されない不公正な
社会になってしまいました。かの国でも格差社会は日本と同じくよく使われる時事用語ですよ。それでもドイツは金を稼いでいる側の国なのでまだいいわけですが、スペイン、ポルトガル、イタリア、ギリシャなどはひどい状況のようで、ボルトガルで国立大学を出ても仕事がまったくなく、他国に出稼ぎに行かなければならず、その国でも低賃金といった有様のようです。
まあ、アメリカのグローバリズムというのは貧困も輸出するというわけですね。

id:miharaseihyou No.3

miharaseihyou回答回数4534ベストアンサー獲得回数5682013/01/11 02:47:03

ポイント50pt

金融危機の最中で基本的な構造に欠陥がある、つまり広すぎる国家群では経済圏の統一が難しいという問題がある「EU諸国」は、現時点では経済的な苦難にあえいでいる。
失業率も日本から比べれば桁外れ。
もちろん、双子の赤字や軍事費の負担に苦しむアメリカも日本以上に苦しい。
オバマ大統領の再選は消去法による消極的な支持だと言われている。

id:iottena No.4

ゐお回答回数4ベストアンサー獲得回数12013/01/11 06:49:35

全体比較では、日本が勝っているのは治安だけでしょう。それ以外に優点はありません。


労働に関して言えば、日本に優点はありません。

1)労働時間
2)労働者のモラル
3)リーダーシップ・指揮系統・組織構造
4)労働空間(的環境)
5)情報の活用
6)1~5のための法整備

以上の6項目でどちらがより洗練されているかを比較すれば、それは明らかだと思います。

唯一肩を並べるのは2の労働者のモラルですが、これは日本の労働観が過剰な忍耐を前提としていることによって支えられています。ランナーズハイならぬ忍耐ハイとでも申しましょうか、耐えれば耐えるほど笑顔で周囲に感謝、そういった心性を前提にしている。

こう書くとなんだか素敵な態度のように思えるかもしれませんが、これはいわば伸び切った糸、後がないギリギリの状態です。過労死などは明確にこれが原因です。他国ではこんなことはまず起こり得ない。(先に挙げた治安の良さもこの忍耐ハイが原因です)

人をすりつぶして会社と経済がどうにか先進国レベルでいられる。ならもっとすりつぶせの悪循環。それがこの国の現状だと思います。

id:taroe No.5

taroe回答回数1099ベストアンサー獲得回数1322013/01/11 10:13:36

ポイント50pt


北欧は、
人口が少なくかつ一部の優秀な人材が社会を支えているから実現できる社会です。

このモデルを真似して実現できる国がすくないのは、その条件を満たせないんです。

日本やアメリカのように、人口が多い国では無理なんです。


ヨーロッパの生活が素晴らしいのは一部の人たちだけです。
移民の労働者とかは、豊かな暮らしをしてるというのなら、本当に素晴らしい社会でしょうが
実際は、そんなことはありません。

移民に仕事を取られるとかそういうことでももめてますよ。
アジアやアフリカの貧しい人たちよりは、豊かだという程度。


>日本に良い所はないのでしょうか?

・いまでも教育の平均水準は高い
・いまでも日本人は比較の上では勤勉
・いまでも日本人は比較の上では権利を要求しない
・いまでも貧富の格差がまだ小さい方だ
・宗教的な問題が少ない為、イスラム圏とも付き合いが可能


アメリカ社会が素晴らしいというのと同じ。

アメリカ社会の起業が容易だったり、資金が集めやすいとかそういう部分は素晴らしいだろうけど
別の面をみれば、ひどいわけです。

比較するときに、都合の良い部分だけを切り出して
センセーショナルにいうほうが、本とか売れるし話題になるからでは?

でもって、ミスリードさせて有利になる人たちが、その論理に群がって
自分たちの都合の良い論理を押し通そうとするだけです。

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません